今が旬と言われる「4BWのジャケット」ってどんなジャケット?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ジャケットに今求めるのは品と色気
ゆったりがキマる「4BW」

手持ちジャケットはシングルばかりという人は、次はぜひ4つボタン(B)のダブル(W)に挑戦してほしい。主流の6ボタンよりVの開きが大きく、シェイプ位置も低いため、ダブルの堅苦しさが和らぎ、今日的な色気演出に効く。

ここで紹介するのは、「カルーゾ」の4BWジャケット。写真のようにドロップゆるめなら寛ぎ感がさらに高まり、テレワークにも重宝。次なるエレガンスは4BWで決まりだ。

ゆったりがキマる4BW_カルーゾのダブル
ニット2万円/スリードッツ(スリードッツ 青山店) 時計292万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)


CARUSO(カルーゾ)

重厚感を払拭した日常着としてのダブル
貫禄よりむしろ今らしいエレガンスを醸し出すことに主眼を置いて作られた4BW。アンコン仕立てであることと絞りをゆるやかにしたシルエットにより、クルーネックニットやニットポロの上にサラリと羽織るのがとてもよく似合う。ジャケット10万9000円、パンツ3万6000円(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)



[MEN’S EX 2021年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]
※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop