ノータイの装いが急増する今、「ブリューワー」のネクタイはなぜ支持されるのか?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

sponsored

ノータイの装いが急増する今、「ブリューワー」のネクタイはなぜ支持されるのか?
左:MEN’S EX 編集長 平澤香苗 Begin編集部を経て2008年にMEN’S EX編集部へ。その後はドレスクロージング担当一筋で、ロックダウン前までピッティにも毎回参加。2017年よりMEN’S EX ONLINE編集長となり、2020年には同職を兼任しつつMEN’S EX本誌編集長に就任。
中:ビームスF ディレクター 西口修平さん ドレスクロージング業界では言わずと知れた名ディレクターであり、世界的ウェルドレッサー。バイイングにあたっては、現地の本社やファクトリーにまで入って仕込みを行うこともしばしば。
右:スタイリスト 四方章敬さん 雑誌編集者はもちろん、各ショップやブランドも絶大な信頼を寄せる人気スタイリスト。その仕事ぶりはビームス クリエイティブ ディレクター中村達也さんも太鼓判を押すほど。最近はアパレル企業から依頼され、洋服作りに携わる機会も増えてきているとか。

栄枯盛衰の激しいファッション業界にあって、フランスの老舗・ブリューワーは驚異的ロングセラーを記録する名門だ。その人気ぶりは、急速なカジュアルシフトが進む現在にあっても磐石だという。“フレンチ”が時代の一大潮流となっている今、改めて注目したい存在でもあるブリューワー。その魅力について、M.E.お馴染みの3名にじっくり語ってもらった。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop