意外にできていない人が多い「ビジネスシャツ」のジャストフィットを見極めるコツは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

ビジネスの装いとは、その人の第⼀印象を決めるコミュニケーションツールの⼀つ。

MEN’S EX編集部がまとめた新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』は、そんな「きちんと感」の装い方をスーツ、ビジネスカジュアル、冠婚葬祭などのフォーマルまで網羅しています。ここでは、その中から一部をピックアップしてご紹介!

シャツも“フィット”が何より大事
スーツのきちんと感は実はシャツの責任大

シャツのフィット

いくらスーツをジャストフィットで着ていても、正しいサイズのシャツを着用していないと、きちんと感が損なわれてしまう。元々シャツは下着であったということはよく知られていること。ドレスアイテムの中で最も身体に近いものがシャツであり、装いのベースの役割を果たしている。

シャツの首まわりがゆるんでいてはだらしなく見え、胸まわりが余っているとVゾーンに余計なシワが入ってしまう。さらに袖丈が短すぎたり長すぎたりするとスーツの見た目を損ねる。

特にシャツのジャストフィットを考えたときに、襟ぐりのサイズ感と袖の長さがポイント。スーツを活かすためにも、正しいサイズのシャツを選びたい。

シャツのフィット 押さえドコロはこの2つ

1.襟ぐりのサイズ感
「指1本」が目安

襟ぐり

首まわりが窮屈になるのがイヤだからといって、サイズが大きい緩いネックサイズのシャツを選ぶと、だらしなく締まりがない印象に。ボタンを留めて指1本が無理なく入る程度が、ジャストフィットの目安と覚えておきたい。

2.袖の長さ
カフスボタンを留めたときの長さを見る

シャツのフィット

カフスのボタンを留めて軽くクッションがつき、袖口が手首位置に止まるのがベストバランス。長すぎて袖に溜まりができすぎてしまうと不格好に見えるし、短すぎると貧相でだらしない印象になってしまうので要注意。

矢印
\ ジャケットからも程よく見える /

スーツを着た時の袖口

さらに詳しく知るにはコチラ!

「ビジネスの装いルール完全BOOK」

ビジネスの装いルールブック
新刊『ビジネスの装いルール完全BOOK』>> Amazon.co.jpで購入 

<⽬次>
第1章: 知的に⾒せるサイズ選びの正解
第2章: スーツの装い、基本の着⽅
第3章: 合わせ⽅の基本セオリー
第4章: ⾜元こそ装いの画⻯点睛
第5章: 上質な快適を装う
第6章: ⾮⽇常時にこそ試される教養
第7章: スーツのディテールには役割がある

本体価格:1000円+税
発行:世界文化社

[『ビジネスの装いルール完全BOOK』の記事を再構成]

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop