【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × マラソン金メダリスト野口みずき

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪のゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンと語らいながらライフスタイルを深掘りする本企画。第9回のゲストは、2004年アテネ五輪の女子マラソンで金メダルを獲得した野口みずきさん。気さくで茶目っ気たっぷりの素顔にフィーチャーした。

【Fun for Win】VOL.09 
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×
アテネ五輪女子マラソン金メダリスト 野口みずき[前編]

丸山茂樹特別対談vol.09メイン

丸山茂樹さん
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年よりアメリカツアーに参戦して3勝。2002年には伊澤利光プロとのペアでゴルフワールドカップを制覇。現在はゴルフ中継の解説者や様々なメディアで活躍する傍ら、ジュニアの育成にも尽力。東京五輪ではリオデジャネイロ五輪に続き、ゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。

野口みずきさん
1978年生まれ。三重県出身。数々のハーフマラソンを制し“ハーフの女王”として名を馳せた後、フルマラソンに転向。力強いストライド走法で2004年アテネ五輪にて金メダルを獲得。翌年のベルリンマラソンでは、未だ破られていない日本記録2時間19分12秒で優勝。’16年の引退後は岩谷産業陸上部のアドバイザーや、地元の伊勢市観光大使も務める。

身代わり地蔵ならぬクマがアテネの幸運を引き寄せた?

丸山 今回のゲストは野口みずきさん。昨年3月の東京五輪聖火採火式では、日本人の第一走者としてアテネを走られたんですよね。

野口 お話をいただいたときは、感激して泣きそうになりました。2004年のアテネ五輪では、レース前にマラソンの由来になったマラトンの丘にお参りをしたことが、金メダルに繋がった気がしていたので。16年越しに感謝の気持ちを伝えることができました。

丸山 マラトンの丘なんて、ロールプレイングゲームに出てきそうなパワーワードですね。僕はマスターズで創始者ボビー・ジョーンズの像に触れたことがありますが、やはり五輪の金メダリストは違います。マラソン選手にはストイックなイメージがありますが、現役時代に習慣にされていたことはありますか?

野口 しっかり食べて、しっかり眠ることは心掛けていましたね。マラソンはエネルギーが命なので。

丸山 普段はどんなものを召し上がっていたんですか?

野口 国内では栄養士による献立、海外合宿中はホテルのブッフェなどで必要な栄養を摂っていました。なかでも美味しくて印象に残っているのが、スイスのサンモリッツです。

丸山 スイスといえば、チーズとチョコレートのイメージです。あとは時計とハイジ(笑)。

野口 フランスやドイツなど多くの国と隣接しているので、各国料理を飽きずに楽しむことができました。標高が1800m程あって、高地トレーニングにも最適なんです。

丸山 富士山の3合目辺りとは、なかなかの高さですね。

野口 そこは海外合宿時の定宿で、アテネ五輪の前にも泊まりました。そのときは喉を痛めてしまったんですが、それで緊張が和らいだのか、優勝することができました。私には何かしらハプニングが起こると、いい結果になるというジンクスがあるんです。アテネ五輪では、もうひとつ不思議なことがありました。

丸山 なんですか? 僕は大好きですよ、不思議なお話。

野口 アテネに発つ日、仲良くなったサンモリッツのホテルスタッフに、これぐらいの白いクマのぬいぐるみをいただいたんです。

丸山 50cmぐらい? かなり大きいですね。

野口 アテネではレース直前まで一緒だったんですが、レース後、車に戻ると忽然と消えていて。

丸山 またまた(笑)。

野口 身代わり地蔵みたいに、クマが私を守って一緒に走ってくれたのかなと思っています。

丸山 不思議なお話というよりも、素敵なお話じゃないですか。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop