マンネリ打破、こんなネクタイが1本あればビジカジコーデが断然お洒落に!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

時代が変われば、装いの常識も変わる!
押さえておきたい ビジカジ新セオリー

ここ数年で大きく変容したビジネススタイルは、一見気付きにくいちょっとした着こなし方にも様々な変化をもたらしている。“今”のビジカジをマスターするために心得ておきたい新常識をここでおさらいしておこう。

“カタすぎないタイ”を持っておく

タイドアップも程よく軽やか

ニットタイ
ジャケット4万5000円/ユナイテッドアローズ、シャツ1万8000円/ソブリン(以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) タイは下写真の左端のものと同じ

ビジカジ=ノータイ限定、と決めつけてしまうのはもったいない。装いの幅を広げるためにも、リラックス感あるドレスアップ術を心得ておくのが大人というものだ。

そんなスタイルに重宝するのは、ニットタイやスカーフのように軽やかなプリントタイ。加えて秋冬なら、ウールやカシミア素材のものを取り入れてみるのも洒脱だ。

スーツやジャケットと同様、ネクタイもユニフォーム的観点から離れ “アクセサリー”として活用するのがこれからの正解だ。

タイ
タイ左:2万円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) 中左:1万円/フィオリオ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 中右:3万2000円/アット ヴァンヌッチ(ストラスブルゴ) 右:2万9000円/キートン(キートン)

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop