ジョンロブの最新作「グリン」。ニューノーマルを見据えた「オンのスリッポン」

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
p4-5_main  

ジョンロブの“GLYNN”

エレガンスとリラックスが本格靴で共存。ジョンロブの新定番

ニューノーマルな装いをしたいけれど、立場上スーツは欠かせない、という諸兄にお奨めしたい靴がある。それが、ジョンロブの最新作「グリン」だ。オンオフ兼用のスリッポンタイプの靴が人気を博す昨今だが、本作はあくまで“オンなスリッポン”といえるだろう。

その訳は、長めのノーズと、アッパーに沿った細めのストラップがこの上なくエレガントであるから。本作がクラシックなミディアム幅の裾から覗くだけで、格のある男の寛ぎスーツスタイルが完成されるだろう。

p4-5_sub1  

さらに、選び抜かれた革の質感もさることながら、カラー展開も豊富。シックなスーツスタイルに合うブラック、熟練の職人が手作業で色を重ねた新素材「ジュエルドカーフ」では、写真のベリーレッドのほか、ネイビー、ダークブラウンを展開。

タイドアップをハイゲージニットに替えるのはできても、靴はそのまま……なんてことが起こらないよう、本作をぜひ一度確かめてほしい。限りなく少ないパーツで組み立てられた本作の履き心地がやみつきになること請け合い。これは、買いである。

JOHN LOBB(ジョンロブ)

p4-5_sub2

限りなく少ないパーツをインステップに施す
熟練の職人がごく少ないパーツで組み立てることで見た目と履き心地を追求した本作。かかとを見ると、縫い目が一切ない。それこそが、文字通り包まれるようなフィットを実現するのだ。ただでさえ、少ないパーツで組み立てられる同社の靴だが、その中でも本作は、特別だ。この贅沢さ、ぜひ手に取ってご覧あれ。各26万円(ジョン ロブ ジャパン)


お問い合わせ先
ジョン ロブ ジャパン
TEL:03-6267-6010



[MEN’S EX 2021年2・3月合併号DIGITAL Editionの記事を再構成]
(スタッフクレジットは本誌に記載)※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop