仕事の終わりに妻とディナー、朝どんな着こなしをする?

array(6) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179509) ["id"]=> int(1179509) ["title"]=> string(32) "fashion_20201130_david-1month_2s" ["filename"]=> string(36) "fashion_20201130_david-1month_2s.jpg" ["filesize"]=> int(74621) ["url"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_2s.jpg" ["link"]=> string(72) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_2s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(32) "fashion_20201130_david-1month_2s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 14:44:54" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 14:44:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_2s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(97) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_2s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_2s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(89) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_2s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(450) "

2.リングヂャケット マイスターのネイビーストライプスーツ
英国クラシックを満喫出来る、幅広ストライプ。肩パッドは省かれるも、やや広めのラペルやゆとりのあるシルエットに落ち着き感が。生地には、エルメネジルド ゼニアのループを採用。18万円(リングヂャケットマイスター206 青山店 TEL03-6418-7855)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179553) ["id"]=> int(1179553) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_9ss" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_9ss.jpg" ["filesize"]=> int(104253) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_9ss.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_9ss" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_9ss" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 23:22:14" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 23:22:14" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_9ss-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_9ss-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_9ss.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_9ss.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(436) "

9.ポール・スチュアートのベージュタブカラーシャツ
ノータイが一般的になった今、こんなカラーシャツは持っておくと便利。コットンポプリンを染めるライトトーンのベージュは、ビジネス定番色のネイビーともグレートも馴染む実用色だ。1万9000円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL03-6384-5763)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179526) ["id"]=> int(1179526) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_16s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_16s.jpg" ["filesize"]=> int(98363) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_16s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_16s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_16s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 15:15:10" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 15:15:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_16s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_16s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_16s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_16s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(413) "

16.ロバート フレイザーの柄タイ
クラシックが転じて重たい印象にならないために、タイで一手を。光沢のあるシルク地のダークブラウンに映えるのは、ゴールドのダイヤモンド柄。落ち着きを示しつつも、華やかさをVゾーンに宿すことが出来る。1万円(アイネックス TEL03-5728-1190)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179737) ["id"]=> int(1179737) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_25s" ["filename"]=> string(39) "fashion_20201130_david-1month_25s-1.jpg" ["filesize"]=> int(197870) ["url"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_25s-1.jpg" ["link"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179731/fashion_20201130_david-1month_25s-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(35) "fashion_20201130_david-1month_25s-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179731) ["date"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:58" ["modified"]=> string(19) "2020-11-30 03:07:58" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_25s-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_25s-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_25s-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_25s-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(431) "

25.マッキントッシュのベージュカシミアコート
ゆったりとしたシルエットに、今どきなクラシック感を匂わせるこちら。さらにその柔らかさを印象づけるのが、ロロ・ピアーナのカシミアフランネルだ。ミニマルに仕上げたディテールと共に、実にエレガント。25万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179539) ["id"]=> int(1179539) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_31s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["filesize"]=> int(156196) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_31s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_31s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:54" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:54" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_31s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(434) "

31.ジョンロブのダブルモンクシューズ
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179740) ["id"]=> int(1179740) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_38s" ["filename"]=> string(39) "fashion_20201130_david-1month_38s-1.jpg" ["filesize"]=> int(81874) ["url"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_38s-1.jpg" ["link"]=> string(75) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179731/fashion_20201130_david-1month_38s-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(35) "fashion_20201130_david-1month_38s-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179731) ["date"]=> string(19) "2020-11-30 03:08:19" ["modified"]=> string(19) "2020-11-30 03:08:19" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_38s-1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(100) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_38s-1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_38s-1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_38s-1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(413) "

38.グレンロイヤルのブリーフケース
ライトウェイトブリーフケースという名は伊達じゃなく、約760gと大判のブライドルレザーを使用しているとは思えないほど軽量。その分薄マチだが、今どきはこれで十分。縦29×横44×マチ7cm。8万5000円(ブリティッシュメイド 銀座店 TEL03-6263-9955)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

12月1日~31日までの31日間、MEN’S EX ONLINEのMr.David Diaryでもお馴染みのモデル、Mr.Davidが「着回し1ヶ月チャレンジ」に挑戦! 全41アイテムのワードローブを上手く活用し、ワンパターンな着こなしにならずに平日も休日も多彩なコーディネートを楽しむ術を実演する。
今年のトレンドも押さえつつ、テレワークスタイルや多くの企業でより一般化したビジカジの装いなど、時流にマッチして取り入れやすい着こなし実例1ヶ月分をご紹介。どうぞお楽しみに!(使用する全41アイテムは、こちらを参照

【Mr.Davidの着回し1ヶ月チャレンジ!_12月24日】
華のある柄や素材のアイテムを組み合わせて着こなす

クリスマス・イブの今日は、仕事終わりに妻とディナーの約束だ。以前に素敵だなと思って予約しておいたホテルのレストランで待ち合わせすることにしている。 こんな特別な日には、いつものスーツスタイルを少しだけ華やかにした着こなしを楽しみたい。ビジネスシーンでも差しさわりなく、華のある装いとなるとどのようなスタイリングが良いだろうか。

ならばまずスーツは、無難な無地よりも、着るだけで洒落た雰囲気になる柄入りがいいだろう。リングヂャケットマイスターのこちらは、貫録ある佇まいだがストライプ柄がアクセントになり、今日のような日の着こなしにぴったりだ。 シャツタイは、ベージュのタブカラーシャツに同系色のブラウンカラーのタイを合わせて、色味を加えることで華やかさをプラス。 仕上げにキャメルカラーのカシミアコートを羽織れば、リッチな雰囲気も漂う。

今日家を出たときの妻の服装もとても素敵だった。2人ともお洒落をして美味しいものを食べに出かけるのが好きなのだ。彼女も予約したレストランを気に入ってくれるといいな。

<p><strong>2.リングヂャケット マイスターのネイビーストライプスーツ</strong><br />
英国クラシックを満喫出来る、幅広ストライプ。肩パッドは省かれるも、やや広めのラペルやゆとりのあるシルエットに落ち着き感が。生地には、エルメネジルド ゼニアのループを採用。18万円(リングヂャケットマイスター206 青山店 TEL03-6418-7855)</p>

2.リングヂャケット マイスターのネイビーストライプスーツ
英国クラシックを満喫出来る、幅広ストライプ。肩パッドは省かれるも、やや広めのラペルやゆとりのあるシルエットに落ち着き感が。生地には、エルメネジルド ゼニアのループを採用。18万円(リングヂャケットマイスター206 青山店 TEL03-6418-7855)

<p><strong>9.ポール・スチュアートのベージュタブカラーシャツ</strong><br />
ノータイが一般的になった今、こんなカラーシャツは持っておくと便利。コットンポプリンを染めるライトトーンのベージュは、ビジネス定番色のネイビーともグレートも馴染む実用色だ。1万9000円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL03-6384-5763)</p>

9.ポール・スチュアートのベージュタブカラーシャツ
ノータイが一般的になった今、こんなカラーシャツは持っておくと便利。コットンポプリンを染めるライトトーンのベージュは、ビジネス定番色のネイビーともグレートも馴染む実用色だ。1万9000円(ポール・スチュアート 青山本店 TEL03-6384-5763)

<p><strong>16.ロバート フレイザーの柄タイ</strong><br />
クラシックが転じて重たい印象にならないために、タイで一手を。光沢のあるシルク地のダークブラウンに映えるのは、ゴールドのダイヤモンド柄。落ち着きを示しつつも、華やかさをVゾーンに宿すことが出来る。1万円(アイネックス TEL03-5728-1190)</p>

16.ロバート フレイザーの柄タイ
クラシックが転じて重たい印象にならないために、タイで一手を。光沢のあるシルク地のダークブラウンに映えるのは、ゴールドのダイヤモンド柄。落ち着きを示しつつも、華やかさをVゾーンに宿すことが出来る。1万円(アイネックス TEL03-5728-1190)

<p><strong>25.マッキントッシュのベージュカシミアコート</strong><br />
ゆったりとしたシルエットに、今どきなクラシック感を匂わせるこちら。さらにその柔らかさを印象づけるのが、ロロ・ピアーナのカシミアフランネルだ。ミニマルに仕上げたディテールと共に、実にエレガント。25万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)</p>

25.マッキントッシュのベージュカシミアコート
ゆったりとしたシルエットに、今どきなクラシック感を匂わせるこちら。さらにその柔らかさを印象づけるのが、ロロ・ピアーナのカシミアフランネルだ。ミニマルに仕上げたディテールと共に、実にエレガント。25万円(グジ 東京店 TEL03-6721-0027)

<p><strong>31.ジョンロブのダブルモンクシューズ</strong><br />
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)</p>

31.ジョンロブのダブルモンクシューズ
オンとオフの境が曖昧な今、ダブルモンクの最高峰ウィリアムの存在感は増すばかり。アビエーターブーツを出自としながら、ドレス顔に仕立てた1足と聞けば納得。現代におけるヘビロテ靴を象徴するモデルだ。18万8000円(ジョン ロブ ジャパン TEL03-6267-6010)

<p><strong>38.グレンロイヤルのブリーフケース</strong><br />
ライトウェイトブリーフケースという名は伊達じゃなく、約760gと大判のブライドルレザーを使用しているとは思えないほど軽量。その分薄マチだが、今どきはこれで十分。縦29×横44×マチ7cm。8万5000円(ブリティッシュメイド 銀座店 TEL03-6263-9955)</p>

38.グレンロイヤルのブリーフケース
ライトウェイトブリーフケースという名は伊達じゃなく、約760gと大判のブライドルレザーを使用しているとは思えないほど軽量。その分薄マチだが、今どきはこれで十分。縦29×横44×マチ7cm。8万5000円(ブリティッシュメイド 銀座店 TEL03-6263-9955)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop