ネクタイをしない平日、こんなニットのインナーならリッチ感すら装えます

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
p64_thumbnail_L  

ノータイのスーツをよりエレガントに見せるインナーが知りたい

カシミアシルクのハイゲージニットならリッチ感を装えます。

 

スーツにニットを合わせる着崩しは王道だが、ニットの素材にこだわることで、一段上のエレガンスが叶う。鉄板は、カシミアシルクのハイゲージ。薄地のためスーツに響かず、表面に浮かぶ艶がリッチな趣を添えてくれるのだ。

 

(右)CRUCIANI(クルチアーニ)
(左)FEDELI(フェデリ)

p64_main  

右:カシミア65%、シルク35%からなる、極めて滑らかなタッチのクルーネックニット。表情豊かな杢グレーはまた、スーツの色を選ばない万能色。それゆえ、着回しやすさはお墨付きだ、すっきりと身体へ沿うやや細身のシルエットも、ジャケットINに最適である。9万4000円(クルチアーニ)
左:ジャケットの襟裏を汚さずに着られる、モックネックの一枚。混率はカシミア70%、シルク30%で、思わず素肌に着たくなるほどしなやか、かつ滑らかなタッチである。杢ブラウンの色合いも絶妙。ならではの艶感と共に、落ち着いた印象を与えてくれる。8万6000円(トレメッツォ)

STYLE
艶やかな風合いがリッチ感を表現する鍵に

p64_sub
ニット左と同じ ジャケット2万6000円、パンツ1万4000円/以上エディフィス(エディフィス 新宿) 時計79万5000円/IWC(IWC) 靴7万8000円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

滑らかなモックネックのニットを選べば、着るだけで理想的なニュアンスを添えることができる。

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2021年1・2・3月合併号の記事を再構成]
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop