一流メゾンに見る「スーツのエレガンス」は今、こんなに多彩だ

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

仕事のための服だったスーツが、より私的に装いを愉しむための服へと変わった今、スーツのエレガンスも多彩に変化を続けている。

一流メゾンが提案するスーツスタイルに、その先端をゆく遊び心を見つける。



胸元にビビッドというElegance

BERLUTI
ベルルッティ
肩から胸にかけての逞しいフォルムに目を奪われる、プリンス・オブ・ウェールズチェックのダブルスーツ。クラシカルでありながら、細身のラペルやハンドステッチによる閂のあしらいに、さりげない遊び心が感じられる一着である。

セオリーであれば、スタイリングは白シャツやグレーのタイを合わせかっちり──というところだが、ここは定石を捨てて、ビビッドなタートルネックニットを差したい。無彩色のダブルの胸元から覗く、ラピスブルー。その鮮やかな青が、まさしく宝石のように、クラシックへ心躍る煌めきを添えてくれる。

BERLUTI
ジャケット38万2000円、パンツ14万円、ニット12万6000円、靴26万5000円/以上ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)


黒クラシックというElegance

RALPH LAUREN PURPLE LABEL
ラルフ ローレン パープル レーベル
構築的なショルダーに、絞られたウエスト。「華麗なるギャツビー」の世界を彷彿させるエレガンスが薫るスーツは、ラルフ ローレン パープル レーベルの25周年を記念するコレクションの一着である。

ふんわりとして柔らかなその生地は、黒地に白のピンストライプが力強く主張。ビジネスシーンでは珍しい黒だが、ここは同じく黒×白ストライプのクレリックシャツや黒地の小紋タイを合わせ、全体を黒基調でまとめたい。ありそうでなかった黒クラシックが、こうも男らしく、エレガントに映るものかと驚くこと請け合いである。

RALPH LAUREN PURPLE LABEL
スーツ61万6000円、シャツ5万4000円、タイ2万9000円、チーフ1万7000円/以上ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop