ノータイでOKな内勤の日、どんな装いが正解?

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179463) ["id"]=> int(1179463) ["title"]=> string(31) "fashion_20201130_david-1month_6" ["filename"]=> string(35) "fashion_20201130_david-1month_6.jpg" ["filesize"]=> int(142694) ["url"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_6.jpg" ["link"]=> string(71) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_6" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(31) "fashion_20201130_david-1month_6" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 14:16:23" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 14:16:23" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_6-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(96) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_6-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_6.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(88) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_6.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(415) "

6.ラルディーニのニットジャケット
一見するとジャケット然として見えるが、実はニットを採用したライクニットコレクション。陽射しにかざすと透けるほど薄手に編み上げており、着心地は実に軽快。とはいえ、見た目はダブルの貫禄あり。10万4000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179518) ["id"]=> int(1179518) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_10s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_10s.jpg" ["filesize"]=> int(108114) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_10s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_10s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_10s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 14:59:03" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 14:59:03" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_10s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_10s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_10s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_10s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(496) "

10.ジョン スメドレーのタートルニット
ニュージーランド エクストラファイン メリノウールを、30ゲージで編み上げたこちら。ジャケットともブルゾンともバランスが良いイタリアンフィットは、今季よりややゆとりを増し、オンオフともにバランスの良いシルエットに生まれ変わっている。3万1000円(リーミルズ エージェンシー TEL03-5784-1238)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179522) ["id"]=> int(1179522) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_20s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_20s.jpg" ["filesize"]=> int(67312) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_20s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_20s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_20s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 15:14:48" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 15:14:48" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_20s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_20s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_20s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_20s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(406) "

20.PT TORINOのチノパンツ
トラッドスタイルにも休日穿きにも重宝するチノパンツだが、こちらはどちらかといえばオンスタイル向き。理由は生地。コットンにシルクをブレンドしたシルコチノ生地は、なめらかかつ微光沢により実に上品。3万7000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1179537) ["id"]=> int(1179537) ["title"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_33s" ["filename"]=> string(37) "fashion_20201130_david-1month_33s.jpg" ["filesize"]=> int(109331) ["url"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_33s.jpg" ["link"]=> string(73) "https://www.mens-ex.jp/archives/1179452/fashion_20201130_david-1month_33s" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(33) "fashion_20201130_david-1month_33s" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1179452) ["date"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:40" ["modified"]=> string(19) "2020-11-26 16:11:40" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_33s-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(98) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_33s-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_33s.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/fashion_20201130_david-1month_33s.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(427) "

33.フラテッリ ジャコメッティのスエードローファー
非常に繊細な起毛感を披露するスエードアッパーが、カジュアルなローファーをエレガントに格上げ。型番はFG254。期待通りの柔らかな履き心地を楽しませてくれつつ、ソールの伏せ縫いに確かな上質感が。8万9000円(ウィリー TEL03-5458-7200)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
テレワークに重宝する「ニットジャケット」の着こなし方とは?

12月1日~31日までの31日間、MEN’S EX ONLINEのMr.David Diaryでもお馴染みのモデル、Mr.Davidが「着回し1ヶ月チャレンジ」に挑戦! 全41アイテムのワードローブを上手く活用し、ワンパターンな着こなしにならずに平日も休日も多彩なコーディネートを楽しむ術を実演する。
今年のトレンドも押さえつつ、テレワークスタイルや多くの企業でより一般化したビジカジの装いなど、時流にマッチして取り入れやすい着こなし実例1ヶ月分をご紹介。どうぞお楽しみに!(使用する全41アイテムはこちら

【Mr.Davidの着回し1ヶ月チャレンジ!_12月4日】
黒のニットジャケット×タートルこそ、最強の組み合わせ

「ニットジャケット」コーデ
時計54万円/ゼニス(ゼニス TEL03-5524-6420) ソックス<スタイリスト私物>

今週は会議やプレゼンとハードな日が続いたので、今日は社外に出ずに、オフィスのパブリックスペースで企画書をまとめることにした。 テレワークが普及したこともあり、職場での服装のビジカジ化がより進んでいる会社が多いと聞くが、我が社もまさにその通り。 冬でもノータイが許されるようになり、今日のような内勤の日はリラックスした装いで出社することも多い。

とはいえ、カジュアルにしすぎると休日の格好のようになってしまい、そのバランスが難しい。そこで活躍するのが「ニットジャケットにタートルネック」の組み合わせだ。 今日着ている、ラルディーニのジャケットも貫禄あるダブルブレスト型ながら、薄手のニット素材でとてもリラックスして着られる。そしてインナーをタートルにすることで、首元が空いてだらしない印象にならないように注意しているのだ。

そんなニット素材のジャケット&タートルの装い。ビジネスに相応しいきちんと感をより保つコツは、ブラックカラーでまとめること。 黒色を纏うことで引き締まったきちんとした印象になる。また、今日のようにジャケットもインナーも同じ黒色で合わせることで装いに統一感が生まれるのだ。

あと一枚企画書をまとめたら、今日は早めに帰宅して、昨日見られなかったサッカーチャンピオンズリーグの試合の録画を見るとしよう。 贔屓のあのチームは無事勝利しただろうか……?
早く帰りたいが、なかなか最後のワンアイディアが浮かばない!

<p><strong>6.ラルディーニのニットジャケット</strong><br />
一見するとジャケット然として見えるが、実はニットを採用したライクニットコレクション。陽射しにかざすと透けるほど薄手に編み上げており、着心地は実に軽快。とはいえ、見た目はダブルの貫禄あり。10万4000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)</p>

6.ラルディーニのニットジャケット
一見するとジャケット然として見えるが、実はニットを採用したライクニットコレクション。陽射しにかざすと透けるほど薄手に編み上げており、着心地は実に軽快。とはいえ、見た目はダブルの貫禄あり。10万4000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

<p><strong>10.ジョン スメドレーのタートルニット</strong><br />
ニュージーランド エクストラファイン メリノウールを、30ゲージで編み上げたこちら。ジャケットともブルゾンともバランスが良いイタリアンフィットは、今季よりややゆとりを増し、オンオフともにバランスの良いシルエットに生まれ変わっている。3万1000円(リーミルズ エージェンシー TEL03-5784-1238)</p>

10.ジョン スメドレーのタートルニット
ニュージーランド エクストラファイン メリノウールを、30ゲージで編み上げたこちら。ジャケットともブルゾンともバランスが良いイタリアンフィットは、今季よりややゆとりを増し、オンオフともにバランスの良いシルエットに生まれ変わっている。3万1000円(リーミルズ エージェンシー TEL03-5784-1238)

<p><strong>20.PT TORINOのチノパンツ</strong><br />
トラッドスタイルにも休日穿きにも重宝するチノパンツだが、こちらはどちらかといえばオンスタイル向き。理由は生地。コットンにシルクをブレンドしたシルコチノ生地は、なめらかかつ微光沢により実に上品。3万7000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)</p>

20.PT TORINOのチノパンツ
トラッドスタイルにも休日穿きにも重宝するチノパンツだが、こちらはどちらかといえばオンスタイル向き。理由は生地。コットンにシルクをブレンドしたシルコチノ生地は、なめらかかつ微光沢により実に上品。3万7000円(ストラスブルゴ TEL0120-383-563)

<p><strong>33.フラテッリ ジャコメッティのスエードローファー</strong><br />
非常に繊細な起毛感を披露するスエードアッパーが、カジュアルなローファーをエレガントに格上げ。型番はFG254。期待通りの柔らかな履き心地を楽しませてくれつつ、ソールの伏せ縫いに確かな上質感が。8万9000円(ウィリー TEL03-5458-7200)</p>

33.フラテッリ ジャコメッティのスエードローファー
非常に繊細な起毛感を披露するスエードアッパーが、カジュアルなローファーをエレガントに格上げ。型番はFG254。期待通りの柔らかな履き心地を楽しませてくれつつ、ソールの伏せ縫いに確かな上質感が。8万9000円(ウィリー TEL03-5458-7200)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop