セレクトショップの「定番スーツ」でオンオフ実例コーデ。そのコツは?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

今回、ご紹介するのは3着のスーツ。いずれも着用シーンを選ばない定番色ながら、カジュアルダウンしやすい素材感のものを選んだ。それにより、上下ばらして着たときにコーディネートしやすいのも利点だ。

オンでもオフでも単品使いでも活躍
「着回し力No.1」は素材に技ありな定番

SHIPS
シップスの「タリア ディ デルフィノ」のグレースーツ

【着回し力の理由】
「ソリッドグレーの汎用性が抜群」(シップス 河野さん)

▼for BUSINESS

グレースーツの着こなしfor BUSINESS
シャツ2万6300円、タイ1万6300円/以上エリコ フォルミコラ、チーフ2700円/シップス、靴7万9000円/クロケット アンド ジョーンズ(以上シップス 銀座) 

▼for DAY OFF

グレースーツfor DAY OFF
ニット3万1000円/ジョン スメドレー、マフラー1万5400円/シップス、靴10万円/クロケット & ジョーンズ × シップス(以上シップス 銀座)

一見、なんの変哲もないグレーの無地スーツだが、そのソリッドなルックスこそ着回し力を高めるのに一役買っている。「タリア ディ デルフィノ社のグレー生地は、ナイロンとポリウレタンを混紡することにより強度とストレッチ性をもたせたスーパー130’sのフランネル。きめ細かい霜降りの生地はクラシックなスーチングはもちろん、ハイゲージのタートルネックセーターによる着崩しにもマッチしてくれます」(河野さん)。8万円(シップス 銀座)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop