無地パンツ感覚で試して欲しい「ブラックウォッチ柄のパンツ」のお洒落度

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

Black Watch Pants
ブラックウォッチ

ブラックウォッチパンツ

イギリスの伝統柄は、その控えめな印象がチェックパンツの中でも比較的取り入れやすい。こちらは腰回りに2プリーツを入れて、ゆとりをもたせたシルエットがモダン。5万2000円/ロータ(トゥモローランド)

ブラックウォッチが活きる!
[黒子的]JACKET STYLE

ダークトーンコーデのコク出しに使える

タータンチェックの中でも控えめなブラックウォッチのパンツは、ダークカラーのアイテムに“黒子”のように添えてみよう。タータンチェック独特の柄行きが着こなしを立体的に見せてくれる。

ブラックウォッチパンツコーディネート
左:パンツ5万2000円/ロータ(トゥモローランド) ジャケット12万円/ティトアレグレット(伊勢丹新宿店) ニットポロ1万1000円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) 時計145万5000円/IWC(IWC) 靴3万4000円/イルモカシーノ(ビームス 六本木ヒルズ)
右:パンツは左と同じ。ジャケット9万円/エリコ フォルミコラ(エストネーション) ニット2万2000円/グランサッソ、靴8万7000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームス 六本木ヒルズ) 時計145万円/IWC(IWC)

今回紹介する休日パンツの中で、唯一の柄物であるブラックウォッチのパンツ。ダークトーンカラーで構成されたこのチェック柄は、無地パンツ感覚で取り入れやすい上に、英国の伝統柄らしい品格も備わる。ただし、コントラストの強い白などを合わせると柄が悪目立ちしがち。お手本はこちらの二体だ。

右では黒のニットジャケットに黒のモックネックニットを、左では紺のテーラードジャケットに黒のニットポロをコーディネートした。ともにダークトーントップスでパンツと調和させることで、遠目では無地の人に見えるが、近付くと“黒子”役だった柄が絶妙に浮かび上がり、そこはかとなく洒脱さを匂わせることができる。難しいテクニック必要なく、お洒落に見えるこの法則。チャレンジしない手はないだろう。

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop