コーデュロイを着ると野暮ったく見えちゃうこと、ありませんか?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

「脱・オジさん見え」の渋ジャケット活用実例
[コーデュロイ ジャケット編]

コーデュロイ ジャケット
左:ジャケットは下のキャプション参照。ニットパーカ2万9000円/モルガーノ(バインド ピーアール) Tシャツ8800円/スローン(スローン) パンツ2万8000円/トゥモローランド(トゥモローランド) 靴13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン) 右:ジャケットは下のキャプション参照。ニット2万5000円/フィリッポ デ ローレンティス(トヨダトレーディング プレスルーム) パンツ2万9000円/ベルウィッチ(アマン) 靴5万6000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI)

ツイードと同じくカントリー出自のためか、コーデュロイも一歩間違えると野暮ったく見えがち。とくに太畝タイプはその傾向が顕著。

シックに見せたいなら細畝を選ぶのが鉄則だ。より都会的に着こなしたいのなら、よくありがちなブラウン系をあえて避けるのもいいだろう。

ちなみに最近はストレッチの効いたコーデュロイも、じつは豊富。それを存分に生かしてアクティブにまとめてみるのも今らしいテクと言える。臆せず挑戦してみて欲しい。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop