バブアーの「短丈ウールブルゾン」。武骨さとエレガンスがうまくバランスしている!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

WOOL SHORT BLOUSON【ウールショートブルゾン】

軽快な短丈アウターが上品タッチに

アクティブな男性の休日に欠かせないショート丈ブルゾン。これをより大人っぽくエレガントに着こなしたいなら、ウール素材のものがおすすめだ。コットンやナイロン素材のものより防寒性が高いためショート丈の軽快感がありながら、真冬まで着用できるのもメリットだ。最近は通常ならコットンやナイロンの素材のアイテムを、このような上品なタッチの素材に置き換えたものも多く、クラシックな名作モデルも多いショートブルゾンも、より今らしい雰囲気で着こなすことができる。

<キレイめPoint>
短丈ブルゾンも素材をウールに換装するとぐっと洗練される。キレイめなスラックスとの相性も高まる。

<リラックスPoint>
ショート丈ゆえ軽快に纏え、休日のフットワークも軽くなる。ドライブ用のアウターにも最適だ。

TREND:ウールによる素材アレンジ

ニット6万円/ヘリル(アンシングス) パンツ2万6000円/ジェルマーノ(ビームス 六本木ヒルズ) スカーフ1万2000円/パオロ アルビザッティ(パオロ アルビザッティ)
■BARBOUR/バブアー

フライフィッシング用のショート丈モデル「スペイ」を、街着として着やすいよう着丈を長くアレンジ。今作では素材も伝統のワックスドコットンからウールに変更し、よりシックな雰囲気を獲得している。ご覧のようにダークトーンでまとめればぐっとクールな男を印象付けられるだろう。武骨に傾きすぎないよう首元のスカーフでバランスを取っている点にも注目を。6万5000円(バブアー銀座店)

[MENʼS EX 2020年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
※表示価格は税 抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop