「きちんと見えて涼しい」夏スーツの足元は、こんな靴!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

足元も軽涼化しよう

軽さと清涼感を求めたジャケットやパンツに、シューレースで締め上げるドレス靴は似合わない。選ぶべきは、やはりローファーやスリッポン。アンラインドなら、より一層軽やかに。

ジョンロブ
靴12万円(ジョン ロブ ジャパン)
パンツ2万9000円/ジェルマーノ(バインドピーアール) ソックス〈スタイリスト私物〉

JOHN LOBB / ジョンロブ

ジョンロブ

アンラインドとノンウェルテッドにシングルソールで、実に柔らかな履き心地。さらに、ペニーローファースタイルと、丸みのある3198ラストが、快適な1足であることを見た目で主張。12万円(ジョン ロブ ジャパン)

軽さと、柔らかさと。そして清潔感も大切

ビジネスコーデに限らず、最も蒸れやすいのは靴の中だ。つまり、クールビズをコンプリートするためには、靴選びこそが肝要だ。目当てはローファー&スリッポン。それも、スエードがいい。盛夏の日本において表革の艶黒ドレス靴はやはり暑苦しく、柔らかな質感のスエードの方が断然軽やかだ。

さらなる勘所は、アンラインドであること。スニーカー並みとまでは言わないが、フルライニングのドレス靴と比べれば雲泥の差だ。そのストレスのない履き心地は素足で楽しみたくなるが、それは休日のみにして、ビジネスならソックスもセットで。軽さを感じさせつつ、足元でも仕事相手への「きちんと感」はキープしたい。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop