巨匠アルネ・ヤコブセンの遺作「リリー」。誕生50周年を祝った記念モデルが登場

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

巨匠が最後に象ったのは?

アルネ・ヤコブセンのリリー

アルネ・ヤコブセンのリリー

腰掛けるだけのものとあなどるなかれ。椅子は美術品のように美しい家具だ。 これは20世紀を代表する建築家アルネ・ヤコブセンの作で、アント、スワン、エッグ・チェアと、自然造形への執心を形にした氏の遺作となった“最後の椅子”。

巨匠が最後に象(かたど)った造形は何か、おわかりだろうか。

答えは「リリー」の名のとおり百合。平面は一切なく、曲線が身体を優しく受け止める。有機的曲線美は眼福にも。 ちなみに百合の花言葉は「威厳」と読者にふさわしい。験担ぎに一脚、是非。



関連記事:紳士の書斎に置きたい傑作インテリア6選

アルネ・ヤコブセンのリリー

リリーの登場から50年を記念してできたウォルナット材タイプ。当時の技術では4脚に1脚しか出荷できないほど、製造難易度の高いデザインだった。15万2000円(フリッツ・ハンセン青山本店)



お問い合わせ先

フリッツ・ハンセン青山本店
TEL:03-3400-3107



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2020年5月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop