紳士の書斎に置きたい傑作インテリア6選

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
休日の部屋に趣を添える紳士のための書斎名品

書斎にある調度品は紳士の頭と心の中身を表現するものだから新しいとか、古いは関係ない。長く愛せるデザインや素材、作りが大事なのだ。もちろん、人それぞれ好みやセンスは異なるからここに集めたものすべてが正解とは限らない。しかし、この6点は紳士の書斎に趣を添える間違いのないものばかりだ。

休日の部屋に趣を添える紳士のための書斎名品

英国紳士のように背筋を伸ばして向かいたい
ANTIQUE/1910年代のアンティーク
■ロールトップデスク

書斎の主役に添えたいのは、1910年代の英国製とされるライティングデスク。美しい木目や抽斗の細工に気品が漂う。天板が狭いのは手紙を書くのを主目的としたデスクゆえ。高さ119×幅92×奥行き58cm。34万円。アンティークのため1点もの。(GEOGRAPHICA)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop