ウン十万円の高級靴を買ったら、妻に激怒された。どう切り抜けるのが正解?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

大人の日常生活は、微妙なピンチの連続です。適切な言い訳を繰り出して、自分を守りつつ周囲のストレスを最小限に抑えましょう。

言い訳のイメージイラスト

決死の覚悟で高級な靴を買ったら、妻に激怒された・・・・・・

季節の変わり目、そして年度末。何か特別感がある「いいもの」が欲しくなります。そんな気持ちが盛り上がって、決死の覚悟で、前から憧れていた超高級靴(ウン十万級のお値段……)を買ってしまいました。

自分としては満足感と高揚感でいっぱいですが、問題は妻です。「いくらだったの?」と聞かれて、やや控え目に8割ぐらいの金額を伝えましたが、案の定「なに考えてるの!」と大激怒。さて、どう言い訳したものか。「たまには自分にもご褒美をと思って」なんて言ったら、確実に逆効果。「私のご褒美も買ってよ。バッグでいいわ」と返されて、超高い靴の何倍もの散財を招くに違いありません。

こういう場合は、とり急ぎ深刻な顔で、「そうだよね。自分でもこんな高級な靴、分不相応だと思う。君が怒るのも当然だ……」

と呟きます。開き直ったりやり込めたりするつもりはないことを示すことで、妻の戦闘モードをゆるめさせておいて、おもむろに、「新しい部長に『お前もその歳なら、いい靴のひとつも持ってないと恥をかくぞ』って言われちゃってさ。無下にもできなくて」

そんな話をねつ造して「共通の敵」を作ります。続いて、やや腰を浮かしつつ、「やっぱりヘンだよね。明日、部長に『間違ってると思います!』って言ってやるよ」

と勇ましく宣言しましょう。たぶん「えっ、そこまでしなくても」という話になり、肝心の靴の値段についてはウヤムヤになるはず。どうか、安心して散財なさってください。


言い訳の極意

戦う意思はないと示しつつ
共通の敵を作り、本題から
目をそらさせる――。
それもまた言い訳なり。


石原 壮一郎さん

講師
石原 壮一郎さん

1963年三重県生まれ。日本の大人シーンを牽引するコラムニスト。『大人力検定』『大人の言葉の選び方』『家族史ノート』など著書多数。



[MEN’S EX 2020年4月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

VOL.318

1・2&3

  1. 1
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop