「ストロークがしやすく感じる最新パター」オデッセイ ストローク ラボ ブラックシリーズ テン S

Facebook
Twitter

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目クラブやシャフトを試打計測。気になる性能を徹底レビュー!

ODYSSEY STROKE LAB BLACK SERIES TEN S
【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.77】

太いアライメントラインで構えやすい
高速グリーンでも繊細なタッチが出せる

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 今日は、僕の私物を持ってきましたよ。こちらのパター「オデッセイ ストローク ラボ ブラックシリーズ テン S」です。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ そこそこ話題になっているモデルですよね。国内男子ツアーで賞金王になった今平周吾プロも使用していましたっけ?

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 今平周吾プロは、同じヘッドでベントネックのモデルを使用していましたね。僕が購入したのはスラントネックのタイプです。一般的には、ベントネックはストレートにヘッドを動かして打ちたい人向け。スラントネックは、少しアークをつけてヘッドを動かしたい人向けだと言われています。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ このパターはアレですよね、テーラーメイドの「スパイダー ツアー」にソックリです。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ はっきり言って、「スパイダー ツアー」のオデッセイ版という感じですよね(笑)。僕はエースパターとして「スパイダー ツアー」を気に入って使っているので、オデッセイ版がどんなふうに違うのか気になり、購入してみたわけです。

写真・左/オデッセイ「オデッセイ ストローク ラボ ブラックシリーズ テン S」。写真・右/テーラーメイド「スパイダー ツアー ショートスラント」

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ オデッセイは、ヘッドのアライメントラインが太い。このおかげで、打ち出したい方向に対してヘッドを合わせやすいです。見たまんまですけどね(笑)。それと、ストロークもしやすいですよ。大きめのヘッドで、構造的にはヘッドの重心が深そうに見えますが、ヘッドが余計な動きをしません。自分の意図どおりに、すんなりストロークできます。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop