南イタリアの絶景世界遺産・アマルフィ泊→アルベロベッロ・ナポリの旅【2020エグゼクティブのGW旅】

Facebook
Twitter

2020年、ゴールデンウィークの旅行プランは、もうお考えだろうか? 東京五輪で夏休みシーズンのエアラインが混みあう前に、いち早くゴールデンウィーク期間を利用して海外でのラグジュアリー旅をしようか……と考えているエグゼクティブの皆様におすすめの旅をご紹介する。

『家庭画報』の特集記事の感動がそのまま体験できる!
「世界遺産に佇む絶景リゾート「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる 南イタリア・アマルフィ海岸とアルベロベッロ・ナポリ8日間の旅」
【ツアー申し込みのご案内/2020年GW実施】

「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
「絶景にくつろぐ特等席」として、36の景勝地と宿をご紹介した『家庭画報』2010年8月号の大特集。その巻頭を飾ったのがアマルフィ海岸のポジターノだった。

朝に夕に、テラスから望むアマルフィ海岸を堪能しよう

「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
アマルフィ海岸の世界遺産登録理由は、海から忽然と立ち上がる山々と、その自然地形を巧みに生かした建築物による独特の街並みが他に類を見ないから。西端のポジターノはイタリア屈指の高級リゾートとして世界的に人気だ。魅力は自然地形とカラフルな街並み。世界文化遺産、アマルフィ海岸へ。(C)Alamy Stock Photo/amanaimages

自然遺産、文化遺産、複合遺産を合わせると、現在約1000を超す世界遺産があるが、なかでも南イタリアのアマルフィ海岸は、一生に一度はこの目で見たい絶景だ。本ツアーで訪れるポジターノは、全長約40キロのアマルフィ海岸の西端にあり、カラフルな家々が山肌に沿って階段状に連なるドラマティックな景観を持つ小さな入り江町。”アマルフィの真珠”とも呼ばれている。

お泊まりいただく「イル・サンピエトロ・ディ・ポジターノ」では、レストランテラスからはもちろんのこと、客室からも南イタリアらしい陽光きらめくエメラルドの海を見渡すことができる。刻々と表情を変えるトワイライトの時間に望めば、街の灯によって特異な景観がより際立ち、言葉を失うことだろう。ほかにも訪れるのは、南イタリアに点在する世界遺産ずくめ。南イタリアのプレミアムな旅をお約束する。

世界文化遺産の絶景を部屋の窓から独り占め

「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
写真はプレステージルームの一例。
「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
どこを切り取ってもまるで絵画のような美しい景観はポジターノの醍醐味。テラスからエメラルド色の海を眺めながらの朝食や、心地よい風に吹かれながらの夕食は、異国にいる実感を新たにするひとときとなるだろう。こちらのホテルは「ルレ・エ・シャトー」に加盟しているだけあり、心のこもったおもてなしや質の高い料理にも感動すること間違いなし。
「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
ポジターノのテラスは絶景にくつろぐ特等席。
「イル・サンピエトロ・ ディ・ポジターノ」に泊まる
ホテルのレストランの魅力は、テラスからの絶景だけにあらず。豊かな海の幸と、陽光降り注ぐ自家菜園で育つフレッシュなハーブをふんだんに使った料理は、地中海らしさが光る絶品だ。(料理はイメージとなります)

世界遺産に佇む絶景リゾート「イル・サンピエトロ・ディ・ポジターノ」に泊まる南イタリア・アマルフィ海岸とアルベロベッロ・ナポリ8日間

出発日 2020年 4月29日(水・祝)

コース番号 KS0006

ビジネスクラス利用 お一人さま旅行代金(2名さま1室利用の場合)
デラックスプラン 199万8000円
一人部屋利用追加代金(ツイン・ダブルタイプ) 29万8000円

ビジネスクラス利用 お一人さま旅行代金(2名さま1室利用の場合)
ラグジュアリープラン 239万8000円
一人部屋利用追加代金(ツイン・ダブルタイプ) 69万8000円

羽田または成田空港までの国内線普通席は無料にてお手配させていただきます

※燃油サーチャージ(目安:2万1000~2万7000円/2019年11月1日現在)、国際観光旅客税1000円、羽田・成田空港施設使用料および旅客保安サービス料2660~2710円、海外空港諸税(目安:8000~1万円/2019年11月1日現在)が別途必要となります。

添乗員:同行いたします 最少催行人員:4名 食事:朝食6回、昼食5回、夕食4回 日本発着航空会社:ルフトハンザ ドイツ航空、ANA 、日本航空またはエールフランス航空 利用ホテル:ナポリ/グランドホテルベスビオ(デラックスプラン:デラックスルーム、約30m²、ラグジュアリープラン:ジュニアスイート、約45m²) ファザーノ/マッセリア・トッレ・マイッツァ(デラックスプラン:デラックスルーム、約38m²、ラグジュアリープラン:デラックスジュニアスイート、約55m²) ポジターノ/イル・サンピエトロ・ディ・ポジターノ(デラックスプラン:デラックスルーム、約30m²、ラグジュアリープラン:プレステージルーム、約80m²)

1日目
10:35~14:05 東京(羽田または成田)⇒〔飛行機〕⇒
ヨーロッパ内都市乗継ぎ⇒〔飛行機〕⇒
22:35~22:55 ナポリ
食事:-/機内/-
【ナポリ泊】

2日目
午前 ナポリ⇒〔船〕⇒カプリ島 カプリ島観光(青の洞窟、ウンベルトⅠ世広場)
午後 カプリ島⇒〔船〕⇒ナポリ
食事:朝/昼/夕
【ナポリ泊】

3日目
午前 ナポリ⇒〔バス〕(約255km)⇒ マテーラ
午後 マテーラの洞窟住居見学
夕刻 マテーラ⇒〔バス〕(約89km)⇒ ファザーノ
食事:朝/昼/夕
【ファザーノ泊】

4日目
午前 ファザーノ⇒〔バス〕(約24km) ⇒アルベロベッロ
アルベロベッロのトゥルッリを見学
午後 アルベロベッロ⇒〔バス〕(約36km)⇒ オストゥーニ
オストゥーニの白い村を散策
夕刻 オストゥーニ⇒〔バス〕(約26km)⇒ファザーノ
食事:朝/昼/夕
【ファザーノ泊】

5日目
午前 ファザーノ⇒〔バス〕(約321km)⇒ ポンペイ 午後 ポンペイ遺跡観光
夕刻 ポンペイ⇒〔バス〕(約40km) ⇒ポジターノ
食事:朝/昼/夕
【ポジターノ泊】
世界遺産に佇む絶景リゾート「イル・サンピエトロ・ディ・ポジターノ」にご宿泊いただきます

6日目
午前 ポジターノ⇒〔バス〕(約49km) ⇒アマルフィ アマルフィの大聖堂を見学
午後 アマルフィ⇒〔バス〕(約54km) ⇒ポジターノ
食事:朝/昼/-
【ポジターノ泊】

7日目
午前 ポジターノ⇒〔バス〕(約64km) ナポリ⇒〔飛行機〕⇒ヨーロッパ内都市乗継ぎ帰国の途に
食事:朝/-/機内
【機中泊】

8日目
7:40~18:25 東京(羽田または成田) 通関後解散

※ヨーロッパ内のフライトは、エコノミークラスとなります。
※ファザーノのホテルのデラックスルームにはバスタブがございません。シャワーのみのお部屋となります。
※ラグジュアリープランおよびポジターノのホテルでは、ダブルベッド1台のお部屋となります。
※パスポートの残存期間はイタリア出国時90日以上必要となります。

■時間の目安
早朝:4時~6時/朝:6時~8時/午前:8時~12時/午後:12時~16時/夕刻:16時~18時/夜:18時~23時/深夜:23時~4時

旅行企画・実施

株式会社プレミアム旅行社
株式会社プレミアム旅行社は、株式会社世界文化社100%出資の子会社であり、家庭画報のコンテンツをベースとしたツアーを造成する旅行会社です

お申し込み・お問い合わせ

TEL:03-3262-6480 受付時間 10時30分~16時30分(土・日・祝休)
※2019年12月28日~2020年1月5日は休業とさせていただきます。

メール:info@pre-t.co.jp
ご希望のコース名、お名前(フリガナ)、性別、ご住所、電話(ご自宅/携帯)、ご参加人数、お部屋数、ご同行者様のお名前(フリガナ)、ご同行者様の性別を記載の上、お送りください。

当社のプライバシーポリシーおよび個人情報の取り扱いに関しては、以下にてご確認ください。
https://www.sekaibunka.com/privacy/pt_privacy.html

お申し込みの際は、詳しい旅行条件と個人情報のお取り扱いを説明した「旅行条件書」を交付いたしますので、ご確認ください。
取引条件の基準日は2019年11月1日です。
ご旅行代金は2019年11月1日現在有効なものとして公示される運送機関の運賃・料金を基準に算出しています。

『家庭画報』2020年1月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop