日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは? 日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは?

「感じがいい」スーツはどこで決まる? プロがチェックするのはこの7ポイント!

array(7) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123383) ["id"]=> int(1123383) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_03" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_03.jpg" ["filesize"]=> int(175573) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_03.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_03" ["alt"]=> string(9) "肩周り" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_03" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:01" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:18" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(442) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_03.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(99) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_03.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(198) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_03.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(442) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_03.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(442) } } ["entry_gallery_description"]=> string(367) "

1:肩回り
「肩の端をつまんで1cmくらいのゆとりがあるサイズを目安にしてください。また、腕を動かしても脇の下がつかえない、前肩(肩の骨が前方よりに出ている日本人に多い体型)のアタリが出ないなどもジャケットを選ぶ際のポイントです」

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123384) ["id"]=> int(1123384) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_04" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_04.jpg" ["filesize"]=> int(115379) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_04.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_04" ["alt"]=> string(9) "胸周り" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_04" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:01" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:30" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(442) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_04.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(99) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_04.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(198) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_04.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(442) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_04.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(442) } } ["entry_gallery_description"]=> string(382) "

2:胸周り
「ラペルが身体に自然に沿うものを選びます。上着の胸周りが小さいとラペルが両側に引っ張られて着崩れしてしまいます。また、胸ポケットにチーフ、内ポケットに小物を入れる方は、その状態で試着してシワが出ないかをチェックしてください」

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123385) ["id"]=> int(1123385) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_05" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_05.jpg" ["filesize"]=> int(120553) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_05.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_05" ["alt"]=> string(3) "腰" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_05" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:02" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 05:00:51" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(442) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_05.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(99) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_05.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(198) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_05.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(442) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_05.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(442) } } ["entry_gallery_description"]=> string(370) "

3:腰
「中胴(へそ上あたり)は、こぶし半分くらいのゆとりが目安です。胸周りに対して腰がシェイプしすぎているのは適正なサイズではありません。そして、センターやサイドのベントが開かずに裾周りが自然にストンと落ちるゆとりが適正です」

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123641) ["id"]=> int(1123641) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_06" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_06.jpg" ["filesize"]=> int(185577) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_06.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_06" ["alt"]=> string(6) "着丈" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_06" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-31 00:50:10" ["modified"]=> string(19) "2019-10-31 00:50:56" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(898) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_06.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(112) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_06.jpg" ["medium-width"]=> int(224) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_06.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(898) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_06.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(898) } } ["entry_gallery_description"]=> string(355) "

4:着丈
「一般的な着丈の目安は総丈÷2-2cmとされます。少し前までは総丈÷2だったので、それよりもわずかに短くなっているのです。ただし個人差もありますから、ジャケットの裾がヒップと太腿の境目の少し上くらいと考えてください」

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123387) ["id"]=> int(1123387) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_07" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_07.jpg" ["filesize"]=> int(89413) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_07.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_07" ["alt"]=> string(21) "パンツの腰回り" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:04" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 05:01:09" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(442) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_07.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(99) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_07.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(198) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(442) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_07.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(442) } } ["entry_gallery_description"]=> string(430) "

5:パンツの腰回り
「(自然な状態で)ポケット口が開いたり、ポケットの内側の生地が突っ張ったりする場合はサイズが合っていません。タックがあるときは、タックが自然に収まっているのが正解です。また、ヒップがタイトすぎず、ポケットに自然に手が入れられるサイズを選びましょう」

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123642) ["id"]=> int(1123642) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_08" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_08.jpg" ["filesize"]=> int(257646) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_08.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_08" ["alt"]=> string(9) "わたり" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_08" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-31 00:50:10" ["modified"]=> string(19) "2019-10-31 00:51:10" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(924) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_08.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(109) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_08.jpg" ["medium-width"]=> int(218) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_08.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(924) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_08.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(924) } } ["entry_gallery_description"]=> string(376) "

6:わたり
「今は“わたり”(太腿の幅)にゆとりがあったほうがよいです。私は好みで、わたりをやや少なめに設定しています。わたりのゆとりは軽く掴める程度が目安で、掴んだ状態でもひざを曲げて、足を無理なく持ち上げられるくらいが適正です」

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1123389) ["id"]=> int(1123389) ["title"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_09" ["filename"]=> string(31) "c_fashon_191105_original_09.jpg" ["filesize"]=> int(204382) ["url"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_09.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1122242/c_fashon_191105_original_09" ["alt"]=> string(3) "裾" ["author"]=> string(2) "21" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "c_fashon_191105_original_09" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1122242) ["date"]=> string(19) "2019-10-30 04:59:05" ["modified"]=> string(19) "2019-10-30 05:01:38" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(670) ["height"]=> int(442) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_09.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(99) ["medium"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_09.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(198) ["medium_large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_09.jpg" ["medium_large-width"]=> int(670) ["medium_large-height"]=> int(442) ["large"]=> string(84) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2019/11/c_fashon_191105_original_09.jpg" ["large-width"]=> int(670) ["large-height"]=> int(442) } } ["entry_gallery_description"]=> string(360) "

7:裾
「裾丈はくるぶしが隠れて、少し靴下が見えるくらいがいまの目安。裾幅は身長170cmの場合、19cm~20cmくらいが標準。裾幅はわたりからヒザの寸法のバランスにも関わってきます。ヒザの幅は(身長170cmの場合)22.5~24cm程度が標準的です」

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
「感じがいい」スーツはどこで決まる? プロがチェックするのはこの7ポイント!

あなたのスーツ選びは大丈夫?
正しいスーツ選びの基本のき、教えます

スタイルがよく見えて、今の時流にも適うスーツ選びは意外と難しい。スーツの基本は分かっているという方も、時代とともに変化するスーツ選びのポイントを、プロのアドバイスを参考に改めて確認してほしい。

お話を聞いた方
ストーリー アンド ザ スタディー 銀座本店 店長 永瀬太一さん

永瀬太一さん

1978年、東京生まれ。カジュアルからドレスまで幅広くメンズウェアに携わって約16年のベテラン。2019年秋、新ブランド「ストーリー アンド ザ スタディー」のスタートとともに銀座本店で店長を務める。


大人の正統派の装いも時代とともに少しずつ変化をしている。ラペルの幅やパンツのシルエット、肩幅、ウエストの絞り具合などは、変化の見られる代表的なポイント。

たとえ、トラッドテイストのブランドであっても、5年前、10年前と比べれば、ディテールは同じではないのだ。少し前まではタイトな着こなしがカッコいいとされたが、いまでは適度なゆとりがあったほうが時代にあっているのはご存じのとおり。

では、いまはどんな点に注意してスーツを選べばよいのだろう? 自分の体型に合ったビジネススーツの選び方をオーダーメイドのプロに聞き、最新事情を紹介する。

これが体型のベストバランス
スーツ(オーダー)・シャツ・ネクタイ・チーフ/ストーリー アンド ザ スタディー、シューズ/ポール・スチュアート。ストーリー アンド ザ スタディーのスーツのオーダー価格は4万9000円~(税別)。永瀬さんのスーツはタリア・ディ・デルフィノの生地を使ったもので、オーダー価格18万7000円(税別)。

これがベストバランスです

永瀬さんは身長170cmと、お手本にはうってつけの中庸な体型だ。着こなしのバランスは「男性のフォルムが一番美しく見えるのが理想」と永瀬さん。今回着用のスーツはオーダーメイドで、肩はパッドなしのリラックスモデルをベースに、少しゆとりがある仕様で仕立てられている。

7つのポイントをチェック!

<p><strong>1:肩回り</strong><br />「肩の端をつまんで1cmくらいのゆとりがあるサイズを目安にしてください。また、腕を動かしても脇の下がつかえない、前肩(肩の骨が前方よりに出ている日本人に多い体型)のアタリが出ないなどもジャケットを選ぶ際のポイントです」</p>

1:肩回り
「肩の端をつまんで1cmくらいのゆとりがあるサイズを目安にしてください。また、腕を動かしても脇の下がつかえない、前肩(肩の骨が前方よりに出ている日本人に多い体型)のアタリが出ないなどもジャケットを選ぶ際のポイントです」

<p><strong>2:胸周り</strong><br />「ラペルが身体に自然に沿うものを選びます。上着の胸周りが小さいとラペルが両側に引っ張られて着崩れしてしまいます。また、胸ポケットにチーフ、内ポケットに小物を入れる方は、その状態で試着してシワが出ないかをチェックしてください」</p>

2:胸周り
「ラペルが身体に自然に沿うものを選びます。上着の胸周りが小さいとラペルが両側に引っ張られて着崩れしてしまいます。また、胸ポケットにチーフ、内ポケットに小物を入れる方は、その状態で試着してシワが出ないかをチェックしてください」

<p><strong>3:腰</strong><br />「中胴(へそ上あたり)は、こぶし半分くらいのゆとりが目安です。胸周りに対して腰がシェイプしすぎているのは適正なサイズではありません。そして、センターやサイドのベントが開かずに裾周りが自然にストンと落ちるゆとりが適正です」</p>

3:腰
「中胴(へそ上あたり)は、こぶし半分くらいのゆとりが目安です。胸周りに対して腰がシェイプしすぎているのは適正なサイズではありません。そして、センターやサイドのベントが開かずに裾周りが自然にストンと落ちるゆとりが適正です」

<p><strong>4:着丈</strong><br />「一般的な着丈の目安は総丈÷2-2cmとされます。少し前までは総丈÷2だったので、それよりもわずかに短くなっているのです。ただし個人差もありますから、ジャケットの裾がヒップと太腿の境目の少し上くらいと考えてください」</p>

4:着丈
「一般的な着丈の目安は総丈÷2-2cmとされます。少し前までは総丈÷2だったので、それよりもわずかに短くなっているのです。ただし個人差もありますから、ジャケットの裾がヒップと太腿の境目の少し上くらいと考えてください」

<p><strong>5:パンツの腰回り</strong><br />「(自然な状態で)ポケット口が開いたり、ポケットの内側の生地が突っ張ったりする場合はサイズが合っていません。タックがあるときは、タックが自然に収まっているのが正解です。また、ヒップがタイトすぎず、ポケットに自然に手が入れられるサイズを選びましょう」</p>

5:パンツの腰回り
「(自然な状態で)ポケット口が開いたり、ポケットの内側の生地が突っ張ったりする場合はサイズが合っていません。タックがあるときは、タックが自然に収まっているのが正解です。また、ヒップがタイトすぎず、ポケットに自然に手が入れられるサイズを選びましょう」

<p><strong>6:わたり</strong><br />「今は“わたり”(太腿の幅)にゆとりがあったほうがよいです。私は好みで、わたりをやや少なめに設定しています。わたりのゆとりは軽く掴める程度が目安で、掴んだ状態でもひざを曲げて、足を無理なく持ち上げられるくらいが適正です」</p>

6:わたり
「今は“わたり”(太腿の幅)にゆとりがあったほうがよいです。私は好みで、わたりをやや少なめに設定しています。わたりのゆとりは軽く掴める程度が目安で、掴んだ状態でもひざを曲げて、足を無理なく持ち上げられるくらいが適正です」

<p><strong>7:裾</strong><br />「裾丈はくるぶしが隠れて、少し靴下が見えるくらいがいまの目安。裾幅は身長170cmの場合、19cm~20cmくらいが標準。裾幅はわたりからヒザの寸法のバランスにも関わってきます。ヒザの幅は(身長170cmの場合)22.5~24cm程度が標準的です」</p>

7:裾
「裾丈はくるぶしが隠れて、少し靴下が見えるくらいがいまの目安。裾幅は身長170cmの場合、19cm~20cmくらいが標準。裾幅はわたりからヒザの寸法のバランスにも関わってきます。ヒザの幅は(身長170cmの場合)22.5~24cm程度が標準的です」

<p><strong>1:肩回り</strong><br />「肩の端をつまんで1cmくらいのゆとりがあるサイズを目安にしてください。また、腕を動かしても脇の下がつかえない、前肩(肩の骨が前方よりに出ている日本人に多い体型)のアタリが出ないなどもジャケットを選ぶ際のポイントです」</p>

1:肩回り
「肩の端をつまんで1cmくらいのゆとりがあるサイズを目安にしてください。また、腕を動かしても脇の下がつかえない、前肩(肩の骨が前方よりに出ている日本人に多い体型)のアタリが出ないなどもジャケットを選ぶ際のポイントです」

<p><strong>2:胸周り</strong><br />「ラペルが身体に自然に沿うものを選びます。上着の胸周りが小さいとラペルが両側に引っ張られて着崩れしてしまいます。また、胸ポケットにチーフ、内ポケットに小物を入れる方は、その状態で試着してシワが出ないかをチェックしてください」</p>

2:胸周り
「ラペルが身体に自然に沿うものを選びます。上着の胸周りが小さいとラペルが両側に引っ張られて着崩れしてしまいます。また、胸ポケットにチーフ、内ポケットに小物を入れる方は、その状態で試着してシワが出ないかをチェックしてください」

<p><strong>3:腰</strong><br />「中胴(へそ上あたり)は、こぶし半分くらいのゆとりが目安です。胸周りに対して腰がシェイプしすぎているのは適正なサイズではありません。そして、センターやサイドのベントが開かずに裾周りが自然にストンと落ちるゆとりが適正です」</p>

3:腰
「中胴(へそ上あたり)は、こぶし半分くらいのゆとりが目安です。胸周りに対して腰がシェイプしすぎているのは適正なサイズではありません。そして、センターやサイドのベントが開かずに裾周りが自然にストンと落ちるゆとりが適正です」

<p><strong>4:着丈</strong><br />「一般的な着丈の目安は総丈÷2-2cmとされます。少し前までは総丈÷2だったので、それよりもわずかに短くなっているのです。ただし個人差もありますから、ジャケットの裾がヒップと太腿の境目の少し上くらいと考えてください」</p>

4:着丈
「一般的な着丈の目安は総丈÷2-2cmとされます。少し前までは総丈÷2だったので、それよりもわずかに短くなっているのです。ただし個人差もありますから、ジャケットの裾がヒップと太腿の境目の少し上くらいと考えてください」

<p><strong>5:パンツの腰回り</strong><br />「(自然な状態で)ポケット口が開いたり、ポケットの内側の生地が突っ張ったりする場合はサイズが合っていません。タックがあるときは、タックが自然に収まっているのが正解です。また、ヒップがタイトすぎず、ポケットに自然に手が入れられるサイズを選びましょう」</p>

5:パンツの腰回り
「(自然な状態で)ポケット口が開いたり、ポケットの内側の生地が突っ張ったりする場合はサイズが合っていません。タックがあるときは、タックが自然に収まっているのが正解です。また、ヒップがタイトすぎず、ポケットに自然に手が入れられるサイズを選びましょう」

<p><strong>6:わたり</strong><br />「今は“わたり”(太腿の幅)にゆとりがあったほうがよいです。私は好みで、わたりをやや少なめに設定しています。わたりのゆとりは軽く掴める程度が目安で、掴んだ状態でもひざを曲げて、足を無理なく持ち上げられるくらいが適正です」</p>

6:わたり
「今は“わたり”(太腿の幅)にゆとりがあったほうがよいです。私は好みで、わたりをやや少なめに設定しています。わたりのゆとりは軽く掴める程度が目安で、掴んだ状態でもひざを曲げて、足を無理なく持ち上げられるくらいが適正です」

<p><strong>7:裾</strong><br />「裾丈はくるぶしが隠れて、少し靴下が見えるくらいがいまの目安。裾幅は身長170cmの場合、19cm~20cmくらいが標準。裾幅はわたりからヒザの寸法のバランスにも関わってきます。ヒザの幅は(身長170cmの場合)22.5~24cm程度が標準的です」</p>

7:裾
「裾丈はくるぶしが隠れて、少し靴下が見えるくらいがいまの目安。裾幅は身長170cmの場合、19cm~20cmくらいが標準。裾幅はわたりからヒザの寸法のバランスにも関わってきます。ヒザの幅は(身長170cmの場合)22.5~24cm程度が標準的です」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop