紺ブレを今年っぽく着るなら、こんなグレーパンツを合わせてみよう

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

Tweed in the City —「今」な王道スタイル1週間—

コンサバ手帖「Tweed in the City」シリーズ

ジャケット×ツイードパンツコーデを着たモデル

ツイードパンツはフレンチ風に着たい

ツイードといえばブリティッシュかアメリカン。知らず知らずのうちにそう決めつけていた節があったが、今年再燃しているフレンチトラッドでもツイードはキーアイテムらしい。確かに、このパンツのような白黒のものを見ると、そういうイメージも湧いてくる。よし、ここはひとつフレンチに着てみよう。トップスはダブルの紺ブレ。そしてここに、黒タートルを合わせるのがフレンチ的だ。靴も黒で、全身を紺・グレー・黒でまとめると雰囲気が出る。うーん、セビアン! だな。

パンツ3万9000円/インコテックス、ジャケット11万円/カルーゾ、靴9万5000円/エンツォボナフェ(以上ビームス 六本木ヒルズ) ニット2万4000円/スローン(スローン) 時計88万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 鞄7万3000円/シャンボール セリエ(八木通商)

※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jun. & Jul. VOL.312

5

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop