実は今、個人的にいちばん欲しい「合理的なフランス車」はコレだ!

Facebook
Twitter
トゥインゴ

クルマ好きの心に刺さる

実は今、個人的にいちばん欲しいモデルが、ルノーのトゥインゴだ。昨今、日産とのあれこれで日本で有名になってしまったルノーだが、そのブランド性は分かりづらい。モータースポーツから想像されるスポーティさはルノーの一面であるし、日本のカングーがもたらしたスタイルも、ルノーの一面に過ぎない。

僕個人は、ルノーらしさとは、人生を愉しくしてくれる合理性にあると、自分なりの理解をしている。それは眺めているだけで、日々新しい魅力を伝えてくるデザインだったり、装備含めてイマドキの流行りは欠けているけどこれもいいと思わない? という語りかけだったり、何気ない日常を愉しくしてくれる、そんな合理性だ。そして、それが色濃く詰まっているのが、このトゥインゴだと思う。

ルノーのコンパクトモデルというポジションにあるトゥインゴだが、この3世代目はスマートとプラットフォームを共用し、リアにエンジンを搭載してリアタイヤを駆動する、ちょっと珍しいRRレイアウトを採用している。その理由はスマート側のRRへのこだわりに付き合った感もあるのだが、実際、ルノーでは、過去に4CV、そして旧アルピーヌA110、さらにはサンク・ターボに、ルーテシアV6、最近では復活したアルピーヌA110など、MRレイアウトを含めてフロント以外にエンジンを配置するレイアウトをもったクルマを数多くリリースしており、ノウハウがないどころか、得意としている。

ちなみに、RRレイアウトのメリットは、リアにエンジンという重量物を載せているためリアタイヤへの荷重が大きく加速性に優れること、キャビンのスペース効率に優れることなどが挙げられる。しかし、その分、センシティブな面も持ち、タイヤのグリップが落ちるウェットシーンでは挙動の乱れを誘うこともあり、大きなメリットと大きなデメリットが存在している。

仏車らしく、個性的でいて実用性も高いインテリアデザイン。必要最低限のスイッチ類がトゥインゴ、そしてルノーらしい特徴。

仏車らしく、個性的でいて実用性も高いインテリアデザイン。必要最低限のスイッチ類がトゥインゴ、そしてルノーらしい特徴。

シンプルながらツートンカラーを採用するシート。ヘッドレスト一体型で、形状もややスポーツ寄り。簡素化されているが快適性も十分確保されている。

シンプルながらツートンカラーを採用するシート。ヘッドレスト一体型で、形状もややスポーツ寄り。簡素化されているが快適性も十分確保されている。

リアシートもフロント同様に極めてシンプルなデザイン。5:5で分割して倒すことができる。

リアシートもフロント同様に極めてシンプルなデザイン。5:5で分割して倒すことができる。

小柄ゆえに174?とやや小さめのラゲージルームだが、シートを倒せばかなりの荷物を積むこともできる。

小柄ゆえに174?とやや小さめのラゲージルームだが、シートを倒せばかなりの荷物を積むこともできる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019

Dec. VOL.307

12

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop