今、休日ジャケットには◯◯◯を合わせるのが正解!【Mr.Davidに学ぶ胸元7の実例】

Facebook
Twitter
Mr.Davidに学ぶ胸元7の実例

次の休日、何を着よう? 困ったときは男性ファッション誌で人気の外国人モデル、Davidのコーディネートをチェック。センスに定評のある彼がよく実践しているジャケット×ニットの着こなしは、簡単なのにこなれて見えておすすめだ。ジャケットの色柄や小物で変化をつければ、コーディネートは無限大。そんなDavidのテクニックをさっそくチェックしてみよう。

Instagram:Mr David @mr_david_style

Mr.David Diary vol.11:https://www.mens-ex.jp/column/feature/190709_11487.html

<strong>1.エスニック柄のスカーフをスパイスに</strong><br />ネイビーのジャケットとニット、グレーのパンツという至って普遍的な組み合わせに、民族調柄のオレンジスカーフで自分らしさを演出。スカーフと同系色のべっ甲眼鏡を胸ポケットから覗かせることで、全身の統一感を高めたテクニックも見事。

1.エスニック柄のスカーフをスパイスに
ネイビーのジャケットとニット、グレーのパンツという至って普遍的な組み合わせに、民族調柄のオレンジスカーフで自分らしさを演出。スカーフと同系色のべっ甲眼鏡を胸ポケットから覗かせることで、全身の統一感を高めたテクニックも見事。

<strong>2.トレンドのコーデュロイ素材を先取り</strong><br />コーデュロイは今年の注目素材。ほっこりしがちな素材だが、ピークドラペルでエッジを利かせた今どきのジャケットなら、老け見えせずスタイリッシュに着こなせる。インナーは黒のハイネックニットでシンプルに。スカーフを巻くとより上級者風だが、なくてもしっかり今どき感は出せる。

2.トレンドのコーデュロイ素材を先取り
コーデュロイは今年の注目素材。ほっこりしがちな素材だが、ピークドラペルでエッジを利かせた今どきのジャケットなら、老け見えせずスタイリッシュに着こなせる。インナーは黒のハイネックニットでシンプルに。スカーフを巻くとより上級者風だが、なくてもしっかり今どき感は出せる。

<strong>3.大柄ジャケットは休日を救う</strong><br />チェックジャケット、タートルネックニット、チーフの三者をブルー基調でコーディネート。大柄ジャケットは、無地のニットに羽織るだけで決まる便利アイテム。中に着るのは首の詰まったニットならコーディネートはより簡単だ。

3.大柄ジャケットは休日を救う
チェックジャケット、タートルネックニット、チーフの三者をブルー基調でコーディネート。大柄ジャケットは、無地のニットに羽織るだけで決まる便利アイテム。中に着るのは首の詰まったニットならコーディネートはより簡単だ。

<strong>4.定番色だけでもこんなに格好良くなる</strong><br />くすみがちなミドルエイジの顔色を、レフ板のように明るく見せてくれる白ニット。Davidはその他のアイテムを、清潔感のあるネイビー系でまとめたのもさすが。定番色だけを使ったストイックなコーディネートでも、格好良くなれる好例。

4.定番色だけでもこんなに格好良くなる
くすみがちなミドルエイジの顔色を、レフ板のように明るく見せてくれる白ニット。Davidはその他のアイテムを、清潔感のあるネイビー系でまとめたのもさすが。定番色だけを使ったストイックなコーディネートでも、格好良くなれる好例。

<strong>5.ニットキャップの遊び心でレベルアップ</strong><br />レザージャケットの着こなしは、今ならワイルドよりは洗練を狙いたい。Davidはレザージャケット、ニット、パンツと黒系でまとめた中に、チェックパンツの柄色から拾ったボルドーカラーのニットキャップで、こなれた着こなしに昇華させている。

5.ニットキャップの遊び心でレベルアップ
レザージャケットの着こなしは、今ならワイルドよりは洗練を狙いたい。Davidはレザージャケット、ニット、パンツと黒系でまとめた中に、チェックパンツの柄色から拾ったボルドーカラーのニットキャップで、こなれた着こなしに昇華させている。

<strong>6.暖色系のニットは女性の好感度高し</strong><br />黒のジャケット×グレーウールパンツを、鮮やかな赤いシェットランドニットで外したコーディネートは、思わず触れたくなるような風合いや明るい色が女性受け確実。デニムジャケットを思わせるベルベットジャケットも、休日らしいリラックスムードに貢献。

6.暖色系のニットは女性の好感度高し
黒のジャケット×グレーウールパンツを、鮮やかな赤いシェットランドニットで外したコーディネートは、思わず触れたくなるような風合いや明るい色が女性受け確実。デニムジャケットを思わせるベルベットジャケットも、休日らしいリラックスムードに貢献。

<strong>7.ご近所スタイルを“ゴーグル”で格上げ</strong><br />散歩に出かけるときは、ジャケット脱いだこんな軽装もいい。ニット、デニム、スニーカーの組み合わせは部屋着風に見えかねないが、黒×白でシックにまとめた中に、キャッチーなサングラスを挿した彼のセンスは見習いたいところ。

7.ご近所スタイルを“ゴーグル”で格上げ
散歩に出かけるときは、ジャケット脱いだこんな軽装もいい。ニット、デニム、スニーカーの組み合わせは部屋着風に見えかねないが、黒×白でシックにまとめた中に、キャッチーなサングラスを挿した彼のセンスは見習いたいところ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop