アルマーニ アルマーニ

この秋冬、「最旬で万能」なジャケットはこんな色柄!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

入門から応用まで守備範囲の広い
白黒チェックが最旬で万能だ

白黒チェック

無地のジャケットは着こなしに悩まなくていいが、さすがにそればかりでは装いがマンネリに陥る。そもそもスーツ以上に生地で冒険できるのがジャケットの良さ。成熟した男のセンスや余裕を示すためにも柄ジャケットを積極的に愉しむべきだろう。

ただひとつ留意しておきたい点は、柄ジャケットは選びを一歩間違えると悪目立ちしてしまうこと。とくにビジネスでも着用することが前提なら、あまり派手な印象の柄は避けたい。そこで本誌が推奨するのが、シンプルに白と黒のみで構成されたチェック柄だ。たとえばチェックの格子が細かいタイプなら、ほとんどグレー無地感覚でシックに着用でき、着こなしもぐっと簡単になる。

一方柄が大きい場合も、色使いを白黒に抑えていればうるさくならず、むしろストイックな男の色気が強く薫ってくる。つまりチェック柄の入門から応用まで、白黒でまとめていれば失敗は少ないわけだ。

じつは今シーズンは白黒チェックのジャケットが店頭を賑わせている。ここ数年多彩な色を用いた柄ジャケットが多かった分、ぐっと新鮮に見えるのもこれらのメリット。ハウンドトゥースやグレンチェックといった英国クラシックの定番柄も白黒ならどこかモダンな雰囲気となり、柄本来の美しさが際立つのもいい。これで着こなし全体をモノトーンに徹すれば、簡単に都会的なムードを纏えるだろう。

この秋冬、ジャケットの粋を存分に愉しみたいなら、この白黒チェック、是非トライして欲しい。

【グレンチェック】GLEN CHECK
DRAKE’S / ドレイクス

白黒チェック
シャツ2万6000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)パンツ5万9000円/ロータ(伊勢丹新宿店)タイ2万7000円/トゥモローランド(トゥモローランド) チーフ〈スタイリスト私物〉

世界的な人気を背景に今やすっかりトータルブランドへと進化を遂げたドレイクス。こちらは英国製グレンチェック生地を用いたビームス別注作。日本人仕様の時代感あるフィットのほか、前身頃を後ろ身頃より長めに取るアレンジを施した。正統派の顔立ちながらモダンなムードが薫る一着だ。ウール100%。13万9000円(ビームス 六本木ヒルズ)

<strong>01.【マイクロハウンドトゥース】<br/>DESIGNWORKS / デザインワークス</strong><br/>遠目グレー無地に見えるほど繊細なマイクロ柄を配した生地は、伊のヴィターレ・バルベリス・カノニコ社製。チェック柄に抵抗のある人もこれなら着やすいだろう。デザインもいい意味でクセがなく、幅広い着こなしに対応。ウール100%。7万6000円(デザインワークス 銀座)

01.【マイクロハウンドトゥース】
DESIGNWORKS / デザインワークス

遠目グレー無地に見えるほど繊細なマイクロ柄を配した生地は、伊のヴィターレ・バルベリス・カノニコ社製。チェック柄に抵抗のある人もこれなら着やすいだろう。デザインもいい意味でクセがなく、幅広い着こなしに対応。ウール100%。7万6000円(デザインワークス 銀座)

<strong>02.【ギンガムチェック】<br/>LUCA GRASSIA / ルカ グラッシア</strong><br/>ナポリで3代続く名門サルトの若き当主が始動したブランド。ハリコシに富んだ英国調のギンガムチェック生地を用いつつ、幅広のラペル、そしてふんわりした肩周りが象徴するように手縫いを多用した仕立てでモダンな艶も感じさせる。ウール100%。24万円(エストネーション)

02.【ギンガムチェック】
LUCA GRASSIA / ルカ グラッシア

ナポリで3代続く名門サルトの若き当主が始動したブランド。ハリコシに富んだ英国調のギンガムチェック生地を用いつつ、幅広のラペル、そしてふんわりした肩周りが象徴するように手縫いを多用した仕立てでモダンな艶も感じさせる。ウール100%。24万円(エストネーション)

<strong>03.【グレンチェック】<br/>CIRCOLO 1901 / チルコロ 1901</strong><br/>やや大柄のグレンチェック生地は得意のジャージー素材。程よいぬめりと膨らみがあり、上質な布帛のような風合いだ。芯材をまったく入れないアンコン仕立てながら、巧みな縫製でテーラードの面構えを維持しているのもさすが。6万3000円(トヨダトレーディング プレスルーム)

03.【グレンチェック】
CIRCOLO 1901 / チルコロ 1901

やや大柄のグレンチェック生地は得意のジャージー素材。程よいぬめりと膨らみがあり、上質な布帛のような風合いだ。芯材をまったく入れないアンコン仕立てながら、巧みな縫製でテーラードの面構えを維持しているのもさすが。6万3000円(トヨダトレーディング プレスルーム)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop