これは21世紀版のロウソクかもしれない

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

AMBIENTEC
アンビエンテックのターン

アンビエンテックのターン
外径130×高さ275(充電台使用時285)mm。真鍮4万2000円(アンビエンテック)

2011年からコードレスライトを手がけ、ミラノデザインウィークに出展しているアンビエンテック。右の新作「ターン」はニューヨークを拠点に活躍し、数々の国際的アワードを受賞している田村奈穂氏がデザイン。コードレス(充電式)に加え、ワンタッチで4段階の細かい調光が可能。防水機能も備えており浴室やベランダでも使える。

金属の無垢な表情が空間に馴染む

アンビエンテックのターン

金属特有の重厚感、手にしたときの上質感、経年変化を大切にしたいとの思いから、真鍮(右)4万2000円、ステンレス(中)4万2000円、アルミニウム(左)2万9000円の3種を展開。金属を回転させて削り出して作ることから「TURN」と名づけられた。端正な佇まいゆえに自然と空間に溶け込んでくれる。


欲しいときに欲しい場所に欲しいだけの光を

嬉しいときも、悲しいときも、古今東西、人々はロウソクの灯火を囲んできた。自然界が生み出すその柔らかな光には心を落ち着かせ癒す効果があるからだ。

上で紹介する「ターン」はそんなロウソクのほのかな光から食卓全体を照らすほどの明るさまで演出する。

片手で持ち運べる手軽さ、光が消える際にフッと余韻を残しながら静かに消える様はまさにキャンドルスタンドに立つロウソクのよう。「場所、シーンに応じて”灯りを持っていく”という感覚を愉しんでください」と語るデザイナーの田村奈穂氏。

気分に応じて光を操り、心地よい夜のひと時を過ごしてみてはいかがだろうか。


お問い合わせ先

アンビエンテック
TEL:045-441-0083



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年5月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Winter VOL.329

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop