【齋藤服飾研究所】靴磨き世界一のあの男が英国的なジャケットをオーダー(前編)

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

英国的なジャケットをオーダー

今回、齋藤さんと親交の深い、ブリフトアッシュ代表の長谷川裕也さんが、さっそくオーダーメイドを行うというので彼に同行。今回は英国的な紳士服の最新事情や魅力を、二人の会話から探ってみることに。

齋藤「僕も含め、業界の人は、長谷川さんはロックな人という印象を持っていますよ」

長谷川「そうかも。僕、古着やモードなどちょっと変わったものが好きなので(笑)」

そんな会話からはじまったオーダーメイド。今回は長谷川さんの個性を生かしつつ、英国的なジャケットをパターンオーダーするという。齋藤服飾研究所のパターンオーダーは採寸や縫製指示が非常に細かく一般的なパターンオーダー以上にパーソナルな仕上がりができるそうだ。

スワッチを見ながら生地を選ぶ様子
一般に流通している生地のほか、独自のルートで、様々なデッドストックの生地を入手しているのも魅力だ。

齋藤「英国的なものは自分で、どんな風にヒネりを加えるかが重要ですよね。仕立てて終わりじゃなくて、出来上がったものを着て、どうなりたいかが肝心。今回の一着はここぞとキメるときに着ますか? それとも着倒したい?」

長谷川「着倒したいです。古くなってもカッコいいような趣のあるものがいいな。ボロボロのジーンズにも合わせられて、ロックンローラーの私服みたいなものになれば、うれしいです。チェルシーブーツやモッズぽいスキニーなパンツも合わせてみたい。最近あまりロックな格好をしていないもので」

完成イメージを上手に聞き取ると同時に、ディテールについても話を交えながら、採寸に入る齋藤さん。キックボクシング経験がある長谷川さんは、時折、ベンチプレスでハードに身体を鍛えていて、齋藤さんの見立てでは、なで肩で背中が広くヨーロッパの人に近い体型だという。

齋藤服飾研究所でのオーダーの様子 PART1(写真6枚)

生地見本と違い、一着分のデッドストックの生地は身体にあてられるので仕上がりをイメージしやすい。

生地見本と違い、一着分のデッドストックの生地は身体にあてられるので仕上がりをイメージしやすい。

豊富な生地見本からお気に入りのものを選ぶのはオーダーメイドの醍醐味。

豊富な生地見本からお気に入りのものを選ぶのはオーダーメイドの醍醐味。

まずは着丈の採寸から。「長い付き合いなのに、採寸するのは、これが初めてですね(笑)」と齋藤さん。

まずは着丈の採寸から。「長い付き合いなのに、採寸するのは、これが初めてですね(笑)」と齋藤さん。

続いて肩幅を採寸。思っていたよりも広いというのが齋藤さんの印象。今回はシャツも併せてオーダーすることになった。肩は身体にきれいに沿うようヨークを左右に分割する、スプリットヨークを採用するので、このように採寸している。

続いて肩幅を採寸。思っていたよりも広いというのが齋藤さんの印象。今回はシャツも併せてオーダーすることになった。肩は身体にきれいに沿うようヨークを左右に分割する、スプリットヨークを採用するので、このように採寸している。

袖丈の採寸。身長に対して、腕はやや長め。

袖丈の採寸。身長に対して、腕はやや長め。

バストを採寸。

バストを採寸。

ウエスト周りの採寸。英国調のジャケットでは、胸周りとの差で男性らしさを強調する要となる。

ウエスト周りの採寸。英国調のジャケットでは、胸周りとの差で男性らしさを強調する要となる。

ヒップ回りはジャケットの裾の広がりにも関わる重要なポイント。

ヒップ回りはジャケットの裾の広がりにも関わる重要なポイント。

ネック回りを採寸。

ネック回りを採寸。

アームホールを採寸。

アームホールを採寸。

腕と胸をまとめて一周した採寸も行う。二の腕だけを鍛えて、胸周りが小さい人もいるので、この腕+胸周りを図る必要があるとのこと。

腕と胸をまとめて一周した採寸も行う。二の腕だけを鍛えて、胸周りが小さい人もいるので、この腕+胸周りを図る必要があるとのこと。

袖口の採寸。どんな腕時計をつけるのかなども聞き取る。

袖口の採寸。どんな腕時計をつけるのかなども聞き取る。

今回はオーダーサンプルよりも着丈を2cm長く設定。長谷川さんに、その差を伝えるためにメジャーをあてがう。

今回はオーダーサンプルよりも着丈を2cm長く設定。長谷川さんに、その差を伝えるためにメジャーをあてがう。

映画に出てきそうなレトロなビル。5階のドアを開けるとそこにはお洒落なサロンが。

映画に出てきそうなレトロなビル。5階のドアを開けるとそこにはお洒落なサロンが。

オーダーメイドのほか、古着や、齋藤さんが買い付けたレアなアイテムも販売されている。

オーダーメイドのほか、古着や、齋藤さんが買い付けたレアなアイテムも販売されている。

ボタンのバリエーションも充実。

ボタンのバリエーションも充実。

遊び心のある人のために、洒落っ気の強い裏地も多数揃えられている。

遊び心のある人のために、洒落っ気の強い裏地も多数揃えられている。

裏地の生地見本を確認する長谷川さん。ストライプと言えば裏地の定番のはずだが、ピッチ、色など個性的なものが豊富に揃うのは齋藤服飾研究所ならでは。

裏地の生地見本を確認する長谷川さん。ストライプと言えば裏地の定番のはずだが、ピッチ、色など個性的なものが豊富に揃うのは齋藤服飾研究所ならでは。

裏地の生地見本。サテン無地からドットとなんでもござれだ。

裏地の生地見本。サテン無地からドットとなんでもござれだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop