【2018年まとめ】人気だった「土曜日」のコーディネートはコレだ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
【2018年まとめ】人気だった「土曜日」コーディネートはコレだ!

スーツやジャケットをはじめとする少数精鋭のアイテムを駆使しながら、1週間を通して毎日いかに変化をつけたコーディネートを作れるか?——に挑戦する「スーツの着回し1週間チャレンジ!」。MEN’S EX ONLINEにて大人気のこの着回し企画、2018年を振り返って、曜日ごとのおすすめコーディネートをご紹介! 春夏、秋冬通して、仕事にも休日にも参考になるコーディネートがたくさんあるので、是非チェックしてみよう! 

2018年、人気だった「土曜日」のコーディネートはコレだ!(写真6枚)



スタッフクレジットは各コーディネートの詳細ページに記載
<b><font color=red>DESIGNWORKS</font><br />平日と休日を行き来できる魔法のジャケパンスタイル</b><br />コーディネートが一瞬で華やかになるチェックジャケットは、手際よくお洒落に見せる時短アイテムでもある。 <br />「通勤仕様にまとめた水曜日のジャケットスタイルは、インナーとパンツを変えるだけで何通りにも着こなすことができます。土曜日は濃紺のタートルネックニットと白のパンツで、休日らしいリラックスムードや大人の清潔感が感じられる着こなしにまとめました。金具がゴールドのビットモカシンも程よく華やかで、人気レストランやホテルのバー、リゾートなどで寛ぐ際にも似つかわしいお洒落感。コーディネートするときのポイントは、チェックジャケット以外を無地服でまとめること。こうすればジャケットのチェックが引き立ち、全体の調和もとれます」(プレス大橋 渡さん)。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181208_9667.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

DESIGNWORKS
平日と休日を行き来できる魔法のジャケパンスタイル

コーディネートが一瞬で華やかになるチェックジャケットは、手際よくお洒落に見せる時短アイテムでもある。
「通勤仕様にまとめた水曜日のジャケットスタイルは、インナーとパンツを変えるだけで何通りにも着こなすことができます。土曜日は濃紺のタートルネックニットと白のパンツで、休日らしいリラックスムードや大人の清潔感が感じられる着こなしにまとめました。金具がゴールドのビットモカシンも程よく華やかで、人気レストランやホテルのバー、リゾートなどで寛ぐ際にも似つかわしいお洒落感。コーディネートするときのポイントは、チェックジャケット以外を無地服でまとめること。こうすればジャケットのチェックが引き立ち、全体の調和もとれます」(プレス大橋 渡さん)。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>BEAMS</font><br />彼女もご機嫌、大人カップルの円満デートスタイル</b><br />サタデーナイトのレストランデートは、水曜日に着た紺ブレをワンウォッシュデニムでドレスダウン。デニムは色落ちやダメージが激しいものは避けて、ブレザーと同じ紺で品格を意識すれば、ドレスコードを設けている店でも慌てない。<br />「白シャツの襟元にはコンパクトに巻いたスカーフを品良く覗かせました。これならジャケット慣れした大人の余裕を醸しつつ、この日のためにがんばってお洒落してきた女性とも釣り合います」(ビームス プレス・安武俊宏さん)。菱形を細長くしたような形のスカーフは、ラフに巻くだけで格好がつくアイディアグッズだ。<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180428_10.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

BEAMS
彼女もご機嫌、大人カップルの円満デートスタイル

サタデーナイトのレストランデートは、水曜日に着た紺ブレをワンウォッシュデニムでドレスダウン。デニムは色落ちやダメージが激しいものは避けて、ブレザーと同じ紺で品格を意識すれば、ドレスコードを設けている店でも慌てない。
「白シャツの襟元にはコンパクトに巻いたスカーフを品良く覗かせました。これならジャケット慣れした大人の余裕を醸しつつ、この日のためにがんばってお洒落してきた女性とも釣り合います」(ビームス プレス・安武俊宏さん)。菱形を細長くしたような形のスカーフは、ラフに巻くだけで格好がつくアイディアグッズだ。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>STRASBURGO</font><br />大人の休日の新定番、ジャケット×ニットポロ</b><br />オンにもオフにも振れる程良くカジュアルなジャケットがあると、何を着ようか迷いがちな週末に大助かり。 <br />「水曜日にも着用したチェックジャケットは、休日にも相応しい軽快仕立て。インナーにはついシャツを合わせたくなりますが、堅苦しく見えがちなので、リラックスムードのニットポロがおすすめ。襟付きなので大人の品を維持することができます。ボトムは伸縮性があって車の運転もラクなオフ白のチノパン。青、紺、オフ白という爽やかな配色は、週末のあらゆるTPOにマッチするので覚えておくと良いでしょう」。 <br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180526_8056.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

STRASBURGO
大人の休日の新定番、ジャケット×ニットポロ

オンにもオフにも振れる程良くカジュアルなジャケットがあると、何を着ようか迷いがちな週末に大助かり。
「水曜日にも着用したチェックジャケットは、休日にも相応しい軽快仕立て。インナーにはついシャツを合わせたくなりますが、堅苦しく見えがちなので、リラックスムードのニットポロがおすすめ。襟付きなので大人の品を維持することができます。ボトムは伸縮性があって車の運転もラクなオフ白のチノパン。青、紺、オフ白という爽やかな配色は、週末のあらゆるTPOにマッチするので覚えておくと良いでしょう」。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>伊勢丹</font><br />カジュアル以上ビジネス未満の休日はトラッド調が正解</b><br />平日、スーツをパリッと着こなしているミドルは、休日に何を着るべきか? 山浦さんが示してくれた紺ブレを軸としたトラッドスタイルは、一つの良きお手本だ。こちらのコーディネートは、月曜で着用したネイビースーツのジャケットのみを紺ジャケ風に再度流用し、下をオフ白のドレスパンツにしてトラッド感を出した。 <br />「休日は自己啓発のために出歩いたり、スキルアップ系の習いごとをしている方も多いのでは。そんな日におすすめなのが、トラッド調のスタイリング。知識欲に応える話題の美術展などを訪れるときは、3パッチポケットのジャケットを軸に、チノパンやローファーなどで程良くカジュアルに装いつつ、くだけすぎないのがポイントです」(バイヤー山浦勇樹さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/180922_9041.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

伊勢丹
カジュアル以上ビジネス未満の休日はトラッド調が正解

平日、スーツをパリッと着こなしているミドルは、休日に何を着るべきか? 山浦さんが示してくれた紺ブレを軸としたトラッドスタイルは、一つの良きお手本だ。こちらのコーディネートは、月曜で着用したネイビースーツのジャケットのみを紺ジャケ風に再度流用し、下をオフ白のドレスパンツにしてトラッド感を出した。
「休日は自己啓発のために出歩いたり、スキルアップ系の習いごとをしている方も多いのでは。そんな日におすすめなのが、トラッド調のスタイリング。知識欲に応える話題の美術展などを訪れるときは、3パッチポケットのジャケットを軸に、チノパンやローファーなどで程良くカジュアルに装いつつ、くだけすぎないのがポイントです」(バイヤー山浦勇樹さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>TOMORROWLAND</font><br />まだまだ人気のワントーンコーディネート、秋冬はブラウンが鉄板</b><br />休日の服で迷ったら、引き続き人気の高い同系色でまとめるのも一案。秋冬は紅葉を連想させるブラウンで統一すると、季節感が強調され、よりいっそうお洒落なイメージを引き寄せることができる。 <br />「こちらはレザージャケットを軸にした、ブラウンベースのコーディネート。レザージャケットは縦長シルエットのデニムジャケットを原型に、着丈や身幅などに細かく調整してより現代的な形にアップデートしてから、ラムレザーで置き換えたもの。このようにクセのないニュートラルな羽織ものは、コーディネートの幅を広げてくれます」(プレス関内健太郎さん) <br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181027_9328.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

TOMORROWLAND
まだまだ人気のワントーンコーディネート、秋冬はブラウンが鉄板

休日の服で迷ったら、引き続き人気の高い同系色でまとめるのも一案。秋冬は紅葉を連想させるブラウンで統一すると、季節感が強調され、よりいっそうお洒落なイメージを引き寄せることができる。
「こちらはレザージャケットを軸にした、ブラウンベースのコーディネート。レザージャケットは縦長シルエットのデニムジャケットを原型に、着丈や身幅などに細かく調整してより現代的な形にアップデートしてから、ラムレザーで置き換えたもの。このようにクセのないニュートラルな羽織ものは、コーディネートの幅を広げてくれます」(プレス関内健太郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=red>La Gazzetta 1987</font><br />休日こそカラーホーズを活用すべし</b><br />学生時代のサークル仲間と久々の飲み会。今更ロマンスを期待しているわけじゃないけれど、'〇〇君、学生時代よりカッコよくなったよね'なんて噂されて悪い気がする人はいないはず。好印象な大人の休日カジュアルを成功させるポイントとは? <br />「同素材のコーデュロイオーバーシャツ&パンツで、カジュアルセットアップのコーディネートを作りました。インナーはプリントシャツをタイドアップしてキレイめに。水曜日にも使ったシャツ&ネクタイですが、トップスを変えれば一転、カジュアルな印象になります。それからポイントは足元にも。金茶のコーデュロイと相性のいいオレンジのホーズを合わせて、アクセントにしました。お座敷の飲み会でしたら、靴を脱いだ時に足元のお洒落がより強調されて、いっそう粋な雰囲気を演出できると思います」(ラガゼッタ 1987 プレス 佐々木皓哉さん)<br /><a class='u-link--ex' href='https://www.mens-ex.jp/fashion/feature/181201_9640.html' target='_blank'>コーディネートの詳細はこちら</a>

La Gazzetta 1987
休日こそカラーホーズを活用すべし

学生時代のサークル仲間と久々の飲み会。今更ロマンスを期待しているわけじゃないけれど、'〇〇君、学生時代よりカッコよくなったよね'なんて噂されて悪い気がする人はいないはず。好印象な大人の休日カジュアルを成功させるポイントとは?
「同素材のコーデュロイオーバーシャツ&パンツで、カジュアルセットアップのコーディネートを作りました。インナーはプリントシャツをタイドアップしてキレイめに。水曜日にも使ったシャツ&ネクタイですが、トップスを変えれば一転、カジュアルな印象になります。それからポイントは足元にも。金茶のコーデュロイと相性のいいオレンジのホーズを合わせて、アクセントにしました。お座敷の飲み会でしたら、靴を脱いだ時に足元のお洒落がより強調されて、いっそう粋な雰囲気を演出できると思います」(ラガゼッタ 1987 プレス 佐々木皓哉さん)
コーディネートの詳細はこちら

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Autumn VOL.327

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop