「ニットタイなら黒がいい」愛用歴50年のウェルドレッサーに聞く、陰影の魅力とは?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

>> この記事の先頭に戻る

愛用歴50年のウェルドレッサーに訊く

「ニットには、陰影がある。黒だとなおさら。だからシンプルでも深みが出る」


ェアファクスコレクティブ代表慶伊道彦さん

フェアファクスコレクティブ代表
慶伊道彦さん

1976年、29歳の若さで東京・青山にタイブランドの「フェアファクスコレクティブ」を設立する。ファッションはもとより映画や音楽への造詣が深く、ウェルドレッサーとしても世界から注目を集める。




あらゆる色を、装いを引き締める究極の万能タイ

黒ニットタイはトラッドの基本であり、古きよきダンディズムの象徴である。しかし、時代の空気に敏感な洒落者は、今再び気分だと言う。タイブランド、フェアファクスコレクティブの代表であり、黒ニットタイの愛用歴は50年超という慶伊道彦さんも、その1人だ。

「メンズの世界に色が戻ってきているでしょう? 黒はどんな色にも合うから重宝しますし、それに黒というのは、実は最も強烈な色なんです。1つ入れるだけで、あらゆる色を締める力がある。だから黒ニットタイは今、最も使い勝手のいい、新鮮な存在だと思います」

慶伊さんは、黒のニットタイが持つ魅力として”陰影”を挙げる。

「ニットタイには、織りのタイにはない陰影がありますよね。黒だとなおさらこれが強まる。シンプルでも深みが出るのはそのためです。また、表情があるので、秋冬モノにも合わせやすい。万能なんです。僕は旅行へ行く際にも必ずこれを選びます。装いを選びませんし、これ1本あれば事足りますから」

では、そんな慶伊さんにとっての黒ニットタイとはーー?

「戦でいう”兜”のようなもの。結ぶと、顔も気持ちも締まるんです」



※表示価格は税抜き
[MEN’S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)


関連記事:ビームス西口修平さんも注目する「黒ニットタイ」の効能とは?

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop