「モンクレールのダウンはこう着る」3つのコーディネート提案はコレだ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

今でこそ秋冬アウターの主役であるダウンウェアだが、そもそもは極限の環境に耐えるべくして生まれたギア。これを最先端のファッションアイテムに昇華させた立役者がモンクレールである。

選び抜かれたマテリアルを用いたそのダウンウェアは、一口にダウンとくくれぬほどの多様性をもつ。たとえば「キード」は、テーラードのそれを彷彿させる、シャープなシルエットを描くもの。ダウンでありながら、ドレススタイルにも驚くほど端正に映える。

モンクレールのキードを着用したモデル

キード
ダウンウェアに端正なシルエットを望むのはナンセンスだろうか? いや、モンクレールのダウンコートは驚くほどシャープなシルエットを描く。それゆえドレスの装いにも品よく馴染むのだ。

アウター26万6000円/モンクレール(モンクレール ジャパン) スーツ29万円/ルカ グラッシア(エストネーション) シャツ2万円/ギ ローバー、タイ1万7000円/ルイジ ボレッリ(以上バインド ピーアール)
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop