この冬、一番お洒落で使える「A to Xコート」とは——?

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

アウター選びの正解としてこの冬、真っ先に推したいのが、M.E.命名「A to Xコート」。対照的な2つのシルエットが一着で手に入るこちらは、大車輪の活躍を見せてくれること間違いなしだ。

今と王道一挙両得の「A to Xコート」

対照的な美ラインをこれ一着で表現できる

優雅で寛いだ佇まいに今の時代性が薫るAラインと、メリハリの効いたシルエットが凛々しいXライン。この好対照なシルエットを、一着で表現できるコートがある。それを本誌は「A to Xコート」と名付け、この冬最も注目すべきアイテムとして提案したい。

腰ベルトで2つのラインを切り替えられるのがギミックだが、既存のベルテッドコートと違うのは、ゆったりとしたシルエットがトレンドになっている機運を受けて、身頃が大きめに設計されている点。これにより、ベルトを解けばよりユルリ、結べばキリリと表情が明確に変化するのである。それでいて肩や袖はコンパクトで、ダブついて見えないのが往時のクラシックコートとも一線を画している。タイドアップもノータイも合うAtoXコートがあれば、装いの幅が断然広がるのだ。


ERNESTO / エルネスト

グレーとボルドー、2枚のカシミア地を縫い合わせ、1枚の布地としたダブルフェイス素材を使用。完全一枚仕立てのため、マントのように軽く柔らかな着心地だ。表面は滑らかなビーバータッチで、ドレープも大変美しい。襟が小ぶりなので、Xラインにしたときも厳めしい印象にならないのも使い勝手のいいポイントだ。

王道シックな X LINE

胸回りと裾にゆとりがありつつ、ウエストは絞られたXライン。往年のダンディも身を包んだクラシックなシルエットだが、腰に生地がたまるブラウジング具合は今どきでもある。

エルネスト X LINE
コート42万5000円(バインド ピーアール) スーツ21万3000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) シャツ7800円/ユニバーサルランゲージ(ユニバーサルランゲージ 渋谷店) タイ1万8000円/ルイ ファグラン(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) グローブ3万3000円〈参考価格〉/アルポ(アマン) 靴9万9000円/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店) 時計296万円/ヴァシュロン・コンスタンタン(ヴァシュロン・コンスタンタン)

選びの基準は身幅ゆったり、袖スラリ

これはNG

A to Xコートは身幅がゆったりとしているものを選ぶのがポイントだが、袖幅までワイドなものはビジネスでの着こなしが難しい。肩と袖はあくまでジャストを選ぶのが正解だ。


今どきユルリな A LINE

ベルトを解いてボタンを開ければ、裾に向か って緩やかに広がるAラインに。凛々しいXラインから一転、寛ぎ感ある今どきな印象になる。このギャップがA to Xコートの妙味だ。

エルネスト A LINE
ジャケット17万8000円/カルーゾ(ストラスブルゴ) ニット2万4000円/アンドレア フェンツィ(コロネット) パンツ3万1000円/タリアトーレ(トレメッツォ) 靴12万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店) 時計133万円/IWC(IWC)

ボタンの留め方で前を閉めても美A

ボタンの留め方で前を閉めても美A

セオリーでは中央二つのボタンを留めるところだが、あえて上のボタン2つだけを留めてAラインを強調するのも面白い。ボタンの開け閉めでも一味違った佇まいを演出できる。


<span style=font-size:1.1em;><strong>ESTNATION / エストネーション</strong></span><br /><br />太畝のブラックコーデュロイで仕立てた一着。コットンではなくウール100%なので、カジュアルになりすぎないのがいい。アンコン仕立てともあいまって、着心地は極めてライトだ。7万9000円(エストネーション)

ESTNATION / エストネーション

太畝のブラックコーデュロイで仕立てた一着。コットンではなくウール100%なので、カジュアルになりすぎないのがいい。アンコン仕立てともあいまって、着心地は極めてライトだ。7万9000円(エストネーション)

<span style=font-size:1.1em;><strong>AZABU TAILOR / 麻布テーラー</strong></span><br /><br />ヴィターレ・バルベリス・カノニコのフランネル「ペレニアル」を採用。原毛はスーパー110'Sウールだ。エポレットを備えた武骨な意匠とのマッチングが新しい。8万9000円〈オーダー価格〉(麻布テーラープレスルーム)

AZABU TAILOR / 麻布テーラー

ヴィターレ・バルベリス・カノニコのフランネル「ペレニアル」を採用。原毛はスーパー110'Sウールだ。エポレットを備えた武骨な意匠とのマッチングが新しい。8万9000円〈オーダー価格〉(麻布テーラープレスルーム)

<span style=font-size:1.1em;><strong>TAGLIATORE / タリアトーレ</strong></span><br /><br />アルパカ60%+ウール40%の生地はフワフワの肌触りで、空気をまとうような心地よさ。テラコッタ色で見た目にも柔和な印象だ。ジップ付きの内ポケットも備え、機能性にも配慮されている。11万5000円(トレメッツォ)

TAGLIATORE / タリアトーレ

アルパカ60%+ウール40%の生地はフワフワの肌触りで、空気をまとうような心地よさ。テラコッタ色で見た目にも柔和な印象だ。ジップ付きの内ポケットも備え、機能性にも配慮されている。11万5000円(トレメッツォ)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop