「今シーズン、買い足すなら着回しやすい英国柄ジャケットを」【BEAMS中村達也の買い足しノート・前編】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
中村達也の買い足しノート

今月の買い足し

グレンプレイド柄のジャケットで装いの旬度と立体感を高める

英国調復権のムードがいっそう盛り上がる今季は、それを象徴するグレンプレイド柄が例年以上に充実。この旬柄を取り入れるなら、着回しやすいジャケットがオススメだ。



\ 中村さんの選択はコレ /


TAGLIATORE / タリアトーレ

中村さんの選択はコレ

トラディショナルな見た目とは裏腹の軽快な着心地

定番モデル「ヴェスヴィオ」をよりソフトコンストラクションにした別注モデル「ヴェスヴィオ ライト」。英国カントリーな趣の漂うツイーディなグレンプレイドだが、肌触りはふんわり柔らかで軽い着心地にアップデートされている。ライトブラウンにこげ茶の柄が乗った同系色グレンプレイドでコーディネートしやすいのも魅力。

去年までの定番スタイル

去年までの定番スタイル

秋のムードを表現するのに便利なブラウンジャケット。最も合わせやすいのは無地だが、より旬を意識して装うなら…


まず買い足すなら色数を絞った柄を


MEN'S EX M.E. グレンプレイドというと、英国トラッドの定番柄ですよね。


中村さん 中村 そうですね。ここ数シーズン、ブリティッシュムードの復権が一大潮流になっていますが、その影響で様々な英国伝統柄が注目されています。千鳥格子やガンクラブチェック、ヘリンボーンなども増えていますが、まず買い足すなら着こなしやすいグレンプレイドのジャケットをおすすめします。


MEN'S EX M.E. グレンプレイドにも様々な色がありますが、イチオシは?


中村さん 中村 合わせやすさでいうなら、記事上の「タリアトーレ」のように色数を絞ったものがいいですね。それと、ある程度大柄なものが多いのも今季らしい特徴といえるでしょう。


MEN'S EX M.E. 素材も色々ありますが…


中村さん 中村 ツイードやカシミヤ、ジャージーなど様々ですが、どれを選んでも正解です。英国調復権というと懐古趣味に誤解されがちですが、旬なのはあくまで”英国的イメージ” ですので、堅苦しく考えず選んでください。これ一着で今季らしさを簡単に表現できるので、買い足すと大変重宝しますよ。


<span style=font-size:1.1em;><strong>ブラウン×ブラックはこの秋注目の配色術</strong></span><br />「最近ドレススタイルでも増えているのが、ブラウン×ブラックの合わせ。茶と紺の組み合わせが定石ですが、これを黒に変えるだけでグッと今どきな雰囲気になります。パンツは暗い色だと全体が沈んで見えてしまうので、コントラストをつけるのが正解。秋なので真っ白ではなくオフホワイトを選んでいます。チーフは挿さず、できるだけシンプルにまとめるのがこの秋の気分ですね」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニットポロ3万3000円/ジョン スメドレー、パンツ2万4000円/ジェルマーノ、靴7万6000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームスF)</span>

ブラウン×ブラックはこの秋注目の配色術
「最近ドレススタイルでも増えているのが、ブラウン×ブラックの合わせ。茶と紺の組み合わせが定石ですが、これを黒に変えるだけでグッと今どきな雰囲気になります。パンツは暗い色だと全体が沈んで見えてしまうので、コントラストをつけるのが正解。秋なので真っ白ではなくオフホワイトを選んでいます。チーフは挿さず、できるだけシンプルにまとめるのがこの秋の気分ですね」。
ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニットポロ3万3000円/ジョン スメドレー、パンツ2万4000円/ジェルマーノ、靴7万6000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームスF)

<span style=font-size:1.1em;><strong>同系色のインナーで上品なイメージに</strong></span><br />「こちらはトップスを同系色で統一したコーディネート。ほかの着こなし例に比べて柔和なイメージを演出できます。誰にでも似合う色合わせで、簡単に上品な装いに仕上がる組み合わせですね。タートルネックニットという冬の定番アイテムとも好相性で、手持ちのワードローブに加えるだけで、着こなしに存在感が生まれます」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニット2万8000円/ドルモア、パンツ3万4000円/PT01、靴6万円/ジョセフ チーニー(以上ビームスF)</span>

同系色のインナーで上品なイメージに
「こちらはトップスを同系色で統一したコーディネート。ほかの着こなし例に比べて柔和なイメージを演出できます。誰にでも似合う色合わせで、簡単に上品な装いに仕上がる組み合わせですね。タートルネックニットという冬の定番アイテムとも好相性で、手持ちのワードローブに加えるだけで、着こなしに存在感が生まれます」。
ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニット2万8000円/ドルモア、パンツ3万4000円/PT01、靴6万円/ジョセフ チーニー(以上ビームスF)

<span style=font-size:1.1em;><strong>シンプルに徹するのが今季らしさの鍵</strong></span><br />茶の丸首ニットをTシャツ感覚でサラリと合わせました。以前はシャツ&ジレの組み合わせが流行しましたが、この秋冬はこれくらいスッキリと着るのもオススメです。仕上げとして、ブラウンと相性のいいボルドーのスカーフを首元から少しだけ覗かせました。ちなみにパンツは細畝のコーデュロイで、さりげなくジャケットと素材感を合わせています」。<br /><span style='font-size:0.8em;'>ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニット2万6000円/991、パンツ3万1000円/PT01、スカーフ9800円/アルテア、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームスF)</span>

シンプルに徹するのが今季らしさの鍵
茶の丸首ニットをTシャツ感覚でサラリと合わせました。以前はシャツ&ジレの組み合わせが流行しましたが、この秋冬はこれくらいスッキリと着るのもオススメです。仕上げとして、ブラウンと相性のいいボルドーのスカーフを首元から少しだけ覗かせました。ちなみにパンツは細畝のコーデュロイで、さりげなくジャケットと素材感を合わせています」。
ジャケットは前項のタリアトーレと同じ。ニット2万6000円/991、パンツ3万1000円/PT01、スカーフ9800円/アルテア、靴6万9000円/クロケット&ジョーンズ(以上ビームスF)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop