この柔らかさと着心地で13万円! タリアトーレのカシミヤジャケット

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

『MEN’S EXTRA』の名で創刊し、”男にとっての格別”を25年追求してきた本誌が、”これは!”と一目で虜になった逸品をご紹介。Exから始まる、様々な上質の形をご覧あれ。

Exceptionally Soft
13万円で味わえる至高の”ふんわり”

タリアトーレのカシミヤジャケット
左:13 万円(伊勢丹新宿店) 右:13 万円(トレメッツォ)

TAGLIATORE
タリアトーレのカシミヤジャケット

タリアトーレの絶大な人気は、時代を先取るデザイン提案によるところも大きい。が、多くのリピーターをやみつきにするのはその着心地だ。体に沿った色気あるシルエットながら、着るとカーディガンのようにふんわり。そんな柔らかさを、カシミヤ素材で最大限引き立てたのが本作だ。スリムフィットな左の「ヴェスヴィオ」、ウエスト位置が高くモダンな右の「モンテカルロ」とも、裏地なしの軽快仕立て。カシミヤの上質さを直に堪能できる。そして、この贅沢な着心地にもかかわらず13 万円と、価格もライトだ。至高の”ふんわり”が手の届くプライスで。これは嬉しい限りだ。

<span style=font-size:1.1em;><strong>モードトラッドな黒の紋章ボタン</strong></span><br />前ページ写真左のジャケットには、ブレザーでお馴染みの紋章ボタンを黒一色にしたボタンが。トラッドとモードの両方を感じる佇まいだ。

モードトラッドな黒の紋章ボタン
前ページ写真左のジャケットには、ブレザーでお馴染みの紋章ボタンを黒一色にしたボタンが。トラッドとモードの両方を感じる佇まいだ。

<span style=font-size:1.1em;><strong>大胆な肩線は定番モデルのアイコン</strong></span><br />前ページ写真右の「モンテカルロ」は、肩線を大きく後ろに振ったカッティングが特徴(前ページ写真左の「ヴェスヴィオ」は一般的な肩線)。定番作のアイコンだ。

大胆な肩線は定番モデルのアイコン
前ページ写真右の「モンテカルロ」は、肩線を大きく後ろに振ったカッティングが特徴(前ページ写真左の「ヴェスヴィオ」は一般的な肩線)。定番作のアイコンだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop