ジョン ロブの傑作「ロペス」、最高級革の真価とは?【金曜日のローファー】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

コンサバ男のローファー愛 —「今」な王道スタイル1週間—

関連記事一覧: コンサバ手帖「コンサバ男のローファー愛」シリーズ

ローファーを靴磨き

かわいいコイツは、革がいい

ジョンロブの傑作「ロペス」は、特徴的な丸窓がアイコン。ラウンドトウとも相まって、クラシックかつ愛嬌のある佇まいが魅力だ。だが、コイツの真価は”かわいい”より”革がいい”ことにあると思う。超一流タンナーが作るレザーの中でも、最も良質なものだけを厳選して使っているのだそうだ。磨いてもらうと、きめの細かさや柔らかさがいっそう引き立つ。今日はコイツへの愛着がいっそう深まった一日だった。

靴19万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン) ジャケット20万円/リングヂャケット206(リングヂャケットマイスター 青山店) シャツ2万円/アスコット チャン、タイ2万8000円/ブライスランズ、パンツ8万8000円/アンブロージ(以上ブライスランズ&コー) 時計121万円/ゼニス(LVMHウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス)

[MEN’S EX2018年8月号の記事を再構成]
撮影/清水健吾 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE)

※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop