【仕立て権をプレゼント!】秋まで着られる軽快スーツをエルメネジルド ゼニアで作る

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

スタイルのハイブリッド化が進む今、クラシック目線でモードスーツを着るのも面白い。そんなイメージを具現化すべく、イタリアを代表するモードブランド「エルメネジルド ゼニア」にクラシックのプロたちを集め、M.E.的”理想のモードスーツ”をオーダーで製作。モードならではの遊び心とクラシックなマジメさ、そのベストバランスがコレだ!

細部のフィットまでこだわれる「メイド トゥ メジャー」

ファッションディレクター 森岡 弘さん、ファッションジャーナリスト 矢部克已さん、MEN'S EX 副編集長 小曽根広光さん
左から:ファッションディレクター 森岡 弘さん、ファッションジャーナリスト 矢部克已さん、MEN’S EX 副編集長 小曽根広光


オーダーならではのモデルミックスも魅力

MEN'S EX 副編集長 小曽根広光小曽根 「ジョルジオ アルマーニ」続いてはエルメネジルドゼニア。代表的なベースモデルは4型あるので、まずはそこからチョイスしていきましょう。

ファッションジャーナリスト 矢部克已さん矢部 地域ごとの仕立ての特徴がよく表れていますね。ほかと差別化するなら、柔らかい仕立てで丸みを帯びたカッティングの「フィレンツェ」でしょうか。

ファッションディレクター 森岡 弘さん森岡 ビジネススーツとしては都会的な「ミラノ」もいいけど、やはりこの柔らかさは替えがたい。では、パンツだけスタンダードなミラノにしてみるというのは?

MEN'S EX 副編集長 小曽根広光小曽根 それいいですね! ジャケットとパンツでモデルを変えられるのもオーダーならではです。

MODEL

代表的なのはこの4モデル(写真4枚)



「ミラノ」はゼニアのスタンダードといえるモデルで、適度な構築感と中庸なシルエットが都会的な佇まい。

「ミラノ」はゼニアのスタンダードといえるモデルで、適度な構築感と中庸なシルエットが都会的な佇まい。

「ミラノ イージーは」そのアンコンストラクテッド版だ。

「ミラノ イージーは」そのアンコンストラクテッド版だ。

「フィレンツェ」は軽快な仕立てと丸みのあるカッティングが特徴。着丈はやや短めに設定されている。

「フィレンツェ」は軽快な仕立てと丸みのあるカッティングが特徴。着丈はやや短めに設定されている。

「マンハッタン」は構築的な肩周りが特徴のモデル。ラペル幅が広めで、貫禄のある表情だ。

「マンハッタン」は構築的な肩周りが特徴のモデル。ラペル幅が広めで、貫禄のある表情だ。

各マテリアルとも、ビジネスエグゼクティブが好みそうな上品かつ高級感あふれるラインナップ。生地は若干明るめのネイビーが充実していて、同系色で織り柄が入ったものなど、さりげない洒脱さが光るものも多い。

各マテリアルとも、ビジネスエグゼクティブが好みそうな上品かつ高級感あふれるラインナップ。生地は若干明るめのネイビーが充実していて、同系色で織り柄が入ったものなど、さりげない洒脱さが光るものも多い。

<b>生地はゼニアの大定番「トロフェオ」をチョイス</b><br>うっすらとチェックが走るネイビーの生地は、ゼニアの代表的なファインウール生地「トロフェオ」シリーズのもの。豊かな光沢感と滑らかな肌触り、そして3シーズン着用できる目付け230gがポイントだ。

生地はゼニアの大定番「トロフェオ」をチョイス
うっすらとチェックが走るネイビーの生地は、ゼニアの代表的なファインウール生地「トロフェオ」シリーズのもの。豊かな光沢感と滑らかな肌触り、そして3シーズン着用できる目付け230gがポイントだ。

<b>柔らかい肩が絶品のマニカ・カミーチャ仕立て</b><br>ベースモデルとして選択した「フィレンツェ」は、クラシコイタリアの仕立てでお馴染みのマニカ・カミーチャ。ご覧のとおり、非常にナチュラルで柔らかい印象だ。ラグジュアリーブランドには珍しい仕様。

柔らかい肩が絶品のマニカ・カミーチャ仕立て
ベースモデルとして選択した「フィレンツェ」は、クラシコイタリアの仕立てでお馴染みのマニカ・カミーチャ。ご覧のとおり、非常にナチュラルで柔らかい印象だ。ラグジュアリーブランドには珍しい仕様。

<b>着丈はあえて長めにして落ち着いた佇まいを演出</b><br>通常「フィレンツェ」モデルはやや着丈が短めに設定されているが、今回のオーダーではあえてフルレングスに。本来の軽快な印象はそのままに、落ち着いた雰囲気にまとめた。こうした微調整もオーダーの醍醐味。

着丈はあえて長めにして落ち着いた佇まいを演出
通常「フィレンツェ」モデルはやや着丈が短めに設定されているが、今回のオーダーではあえてフルレングスに。本来の軽快な印象はそのままに、落ち着いた雰囲気にまとめた。こうした微調整もオーダーの醍醐味。

<b>パンツはサルトリアルなボタンフライに</b><br>オプションでボタンフライも選べる点もゼニアの魅力。今回は仕立て服に多いボタン式に。ちなみにパンツは「ミラノ」モデルを選択。「フィレンツェ」に比べ股上がやや深い、中庸なテーパードシルエットとした。

パンツはサルトリアルなボタンフライに
オプションでボタンフライも選べる点もゼニアの魅力。今回は仕立て服に多いボタン式に。ちなみにパンツは「ミラノ」モデルを選択。「フィレンツェ」に比べ股上がやや深い、中庸なテーパードシルエットとした。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Jun. VOL.322

6

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop