パルミジャーニ(時計) パルミジャーニ(時計)

エルメネジルド ゼニアに誕生した「驚異的にシワが回復するスーツ生地」とは—?【どうしても欲しいスーツ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

勲章スーツ名鑑
素材からラグジュアリーを追求する2大巨頭 vol.1


勲章のようにいつかは身に纏いたい、贅を尽くしたトップメゾンのスーツ。今季も最先端のモードと最高峰の仕立てを兼ね備えた名品が、各メゾンより登場した。まずは素材使いに目を奪われる、2つのメゾンの新作から見ていこう。

\ 繊細かつシワ耐性に優れた新作生地「アキルファーム」 /


ERMENEGILDO ZEGNA
エルメネジルド ゼニアの「ミラノ」モデル

エルメネジルド ゼニアの「ミラノ」モデル
スーツ36万円、シャツ4万6000円、タイ2万3000円、チーフ1万3000円/以上エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)

しなやかさと快適な機能性を巧みに両立

ERMENEGILDO ZEGNA

いかに優れた生産設備をもっていようと、良質な原毛を確保せずには、良い生地の完成は望めない。エルメネジルド ゼニア グループは、’14年にオーストラリアの農場「アキルファーム」の大部分を買収。これまで以上に原毛生から密接に関わることで、さらなる品質の追求と独創的な生地開発への道を拓いた。今季、満を持してローンチしたのが農場名を冠した生地。写真はその最新生地を纏った、定番「ミラノ」モデルだ。
触感は原毛の良質が活きた、しなやかなファインタッチ。しかし驚くべきは、強いシワ耐性と回復性を備えている点にある。こうした特性の生地といえばバリッとした風合いの強撚生地が一般的だが、しなやかさと両立している点に独創性があるのだ。優れた仕立てと相まって、そのスーツは自ずと流麗なラインを描く。




新作生地は自社牧場から生まれる

新作生地は自社牧場から生まれる

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州にあるゼニアグループ直下の「アキルファーム」。6300エーカーという広大な土地をもつこの農場の名が冠された新作生地には、ここで育てられたメリノ種の羊の良質な原毛が用いられている。




[MEN’S EX2018年03月号の記事を再構成]
撮影/谷田政史(CaNN)〈人物〉、若林武志〈静物、取材〉、上仲正寿〈取材〉、長尾真志〈取材〉、武蔵俊介〈静物〉、久保田彩子〈静物〉 スタイリング/武内雅英 ヘアメイク/MASAYUK(I The VOICE) 構成・文/伊澤一臣 文/池田保行(04)、秦大輔、間中美希子、吉田 巌(十万馬力) 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop