ウェルドレッサーの”お気に入り”から導いた「10年愛せるアウター」とは? #2 イラストレーター ソリマチアキラさん

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

毎年流行が変わっても、ワードローブの一軍として変わらず生き続けるアウターがある。ウェルドレッサーが長年愛用する1着を拝見しつつ、”愛せる”理由を探った。

<13年愛用>
グローバーオールのダッフルコート

fashion_outersnap_20171106_2.jpg

イラストレーター
ソリマチアキラさん

1966年生まれ。雑誌や広告のイラスト作品を主に手掛ける。トラディショナルなアイテムを愛し、ウェルドレッサーとしても知られる。



10年アウターは”モノの品格”がある

「13年前ほどに本格的なダッフルが欲しくなり、キャメルの色みやトグルの麻縄が、英国軍がかつて着用していた際のダッフルのイメージと近い、こちらの『モンティ』を購入しました。トレンドにより形が変わるものより、モノとして完成されていたり、誠実にアイテムの基本の形を守っていたりするものに惹かれます。そういう服は時を経ても古臭くなく、モノとしての品格を常に感じさせてくれます。長年愛用したくなるのはやはりそういったもの。いつ着ても普遍的なかっこよさを備えていて、今の着こなしと合わせてもうまく上品に収まってくれますね。」

[MEN’S EX 2017年12月号の記事を再構成]
撮影/長尾真志

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Apr. VOL.320

4

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop