エドワード グリーンの新作なら、ONもOFFも夏の足元がドレッシーに!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

EDWARD GREEN
エドワード グリーンの2017新作

エドワード グリーン
エドワード グリーンは、まったく新しい木型を創り出すことはしない。既存の木型をアップデートすることでコレクションを拡大していく。ゼロから1を創り出すRevolution(革命)ではない。つねにEvolution(進化)することを、もっとも大切にしているのだ。

ONもOFFも、伝統の作りが美しさを生む

 熟練した職人技を駆使して作られる、英国を代表する名靴エドワード グリーン。今季も新たなモデルが仲間入りする。黒カーフのみで展開されるドレッシーな新ラスト「915」には待望のモデルが参入。夏カジュアルに素足履きしたいスエード靴も、さらにラインナップを拡充する。

CHELSEA 〈LAST915〉

名木型「82」と「890」をいいとこどりした新ラスト「915」待望のチェルシー!

創業125周年を記念して登場したラスト915に、今秋、待望のモデル「チェルシー」が仲間入り。82をベースにノーズを約5ミリ延長し、890のサイドウォールを継承するストレートチップは、黒カーフのみのラインナップに加え、ドレッシーな平紐を採用し、フォーマルでの着用に相応しいモダンな顔つきになった。コバの仕上げは、職人たちからの発案により、溝を切ってからウェルトを伏せる仕上げ方を採用。真打ちの登場は、915が名実ともにこれからのエドワード グリーンの本流を担うことを意味しているといえるだろう。16万3000円

VARIATIONS

エドワード グリーン

左:AUDLEY(オードリー)
中:FITZWILLIAM(フィッツウィリアム)
右:GROSVENOR(グローブナー)

ラスト915からは、「フォルムの美しさを存分に味わってもらいたい」と、穴飾りを用いないデザインのみ、そして英国クラシックな黒カーフのみにこだわった新型も登場。左:シングルモンク、右:ダービー各16万3000円、中:サイドエラスティック15万6000円

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop