ホタルを愛でる宿「温泉山荘 だいこんの花」宮城県・遠刈田温泉【1度は泊まりたい “一芸宿” 】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

一芸に秀でた、知る人ぞ知る名宿をピックアップする当連載。今回は敷地内のせせらぎでホタルを観賞できる宿が舞台。日常で疲れた体と心が癒される贅沢なひと時が送れるはずだ。

ホタルを愛でる宿
? 宮城県・遠刈田温泉|温泉山荘 だいこんの花 ?

一度目にしたら忘れられない幻想的な輝き
一度目にしたら忘れられない幻想的な輝き

自然に囲まれた土地で優しい光に癒される

働き盛りのミドルエイジはとかく仕事に忙殺されがちだが、花鳥風月を愛でる心の余裕は持ちたいもの。初夏から夏にかけての時季なら例えばホタル。その幻想的な光のパターンにはf分の1ゆらぎ、いわゆる癒しの力があるとされているため、リラクゼーションにももってこいだ。

蔵王連峰の東の麓に広がる遠刈田温泉の宿「温泉山荘 だいこんの花」では、例年6月下旬から7月初旬頃にかけて敷地内のせせらぎで天然のホタルが飛翔する。気候条件に左右されるとはいえ、「ホタル観賞を目当てに訪れるゲストは年々増えている」(GM・佐竹博行氏)という。

1万坪の雑木林の中に18の離れと4つの貸切露天風呂、農園や星見台。屋外の渡り廊下を伝って散策すれば、大自然と融合するような感覚を味わえる。付かず離れずの接客も心地いい。決して派手さはないが、ここに来れば日常を忘れ、”何もしない贅沢”を享受できるだろう。

温泉山荘 だいこんの花 ギャラリーを見る(写真7点)

温泉山荘 だいこんの花

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉北山21-7
TEL:0224-34-1155(10時〜 17時)
ホームページ:https://www.ichinobo.com/daikon-no-hana/



[MEN’S EX2018年6月号の記事を再構成]
取材・文/甘利美緒

宿の敷地内を舞うホタル。自然環境が保全されている証だ。

宿の敷地内を舞うホタル。自然環境が保全されている証だ。

自然林の中に静かに佇む宿。彼方に雄大な蔵王連峰を望む。

自然林の中に静かに佇む宿。彼方に雄大な蔵王連峰を望む。

客室は無垢の木肌を活かしたコテージ風の造りとなり、天井が高く、開放感がある。シモンズ製ベッドの寝心地も良好だ。

客室は無垢の木肌を活かしたコテージ風の造りとなり、天井が高く、開放感がある。シモンズ製ベッドの寝心地も良好だ。

敷地内には農園が設けられ、年間30種類ほどの野菜やハーブを栽培。

敷地内には農園が設けられ、年間30種類ほどの野菜やハーブを栽培。

料理は採れたての野菜が主役。写真は夏の名物料理「かぼちゃのフォンデュ」。

料理は採れたての野菜が主役。写真は夏の名物料理「かぼちゃのフォンデュ」。

温泉は源泉かけ流し。4 ヶ所にある貸切露天風呂はすべて無料・予約不要。

温泉は源泉かけ流し。4 ヶ所にある貸切露天風呂はすべて無料・予約不要。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Feb.&Mar. VOL.319

2・3

[DIGITAL Edition]

  1. 1
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop