パルミジャーニ(時計) パルミジャーニ(時計)

「飛ばしのポテンシャルが高い大型ヘッド」キャロウェイ ローグ スター ドライバー【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.5】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目ゴルフクラブを試打計測、気になる性能を徹底レビュー!

CALLAWAY ROGUE STAR DRIVER

驚くほどの低スピンで曲がりが少ない
誰もが飛距離を伸ばせる可能性大!

CALLAWAY ROGUE STAR DRIVER

CALLAWAY ROGUE STAR DRIVER


鶴原弘高さん ライター・ツルハラ  昨年、キャロウェイの「GBB エピック スター ドライバー」が大ヒットしましたよね。それほど売れた理由は、キャロウェイが独自に開発した「ジェイルブレイクテクノロジー」にあると思うんです。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 「ジェイルブレイクテクノロジー」というのは、フェースの裏側に2本の柱を設けて、フェースの反発を上げて飛ばす、という新技術ですね。これまでに見たことのないヘッドの構造だったので、僕も最初に見たときにはかなり衝撃を受けました。キャロウェイもさかんに、この2本の柱の効果を積極的にプロモーションしていましたよね。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ そうです。実際に僕も「GBB エピック スター ドライバー」を試打してみてボールスピードが少し上がりましたら、すごい新技術なんです。ただし、すべてのゴルファーが「ジェイル ブレイク テクノロジー」の恩恵に預かったかというと、決してそうではありませんでした。でも、ゴルファーの期待を大いに高めて、売り上げにつなげるテクノロジーであったことは確かです。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 「GBB エピック スター ドライバー」を買ってはみたけど、思ったほど球が上がらないし、やさしく打てないというアマチュアが多かったと聞いていますね。しかし、それってテクノロジー以外の問題です。そもそも購入するときのロフトの選択が間違っていたのではないかと思うんですけど……。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ そのとおり! 近年のドライバーは低スピン性能に優れているぶん、球が上がりづらい特徴があります。なので、ロフトは大きめを選択しておくのがベター。ネックにロフト調整機能を備えたクラブが多いですが、キャロウェイの「スター」と名が付くモデルにはそれがありません。接着式のヘッドなので、購入後にロフト調整ができないんですよ。ゆえに購入時のロフト選択はとても重要なんです。

ゴルフクラブ試打
商品名に「スター」と名が付くのは、日本市場向けに開発された接着式ヘッドのモデル


ゴルフクラブ試打
新しいローグシリーズのドライバー三兄弟。左上から「ローグ サブゼロ ドライバー」、「ローグ ドライバー」、「ローグ スター ドライバー」。ヘッドの投影面積が大きく異なる


奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ロフト選択はヘッドスピードの速い遅いに関係なく、スイングとの相性で決まりますからね。僕が普段使っているドライバーもロフトは10.5度です。というか、今回はずいぶん前置きが長いですね。そろそろ新しいドライバーを試打しませんか?(笑)

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ おっと、失礼! そんでもって、こちらがキャロウェイの新製品「ローグ スター ドライバー」です。軽量化した2本柱の構造を採用しつつ、「GBB エピック スター ドライバー」を難しいと感じていたゴルファーが、よりやさしく打てるように開発されたモデルとのことです。本当にやさしく打てるのか、まずは奥嶋プロから試打してみてちょうだい!

ゴルフクラブ試打
奥嶋プロがヘッドスピード約50m/sで試打


ゴルフクラブ試打
奥嶋プロがヘッドスピード約40m/sで試打


奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ このドライバー、飛びのポテンシャルがめちゃ高いっすよ! 僕がこの弾道計測器を使って300ヤードを計測することはあまりないんです。ボールスピードが速くて、スピンがめちゃ少ない!シャフトが45.75インチと少し長めの影響もありますが、それにしてもよく飛ぶ。正直、ヘッドの投影面積が大きすぎて、構えたときにはヤボったい気がしましたが、これほど飛ぶとヘッド形状なんて気にならなくなります(笑)。ヘッドスピード40m/sで打っても、トータルの飛距離が250ヤードを越えています。これって、平均的なヘッドスピードのアマチュアにはかなり夢のある数字ですよ

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 「GBB エピック スター ドライバー」よりもやさしく打てるように開発したクラブと聞くと、打ち出しからポカーンと球が上がって、球が極端につかまるクラブかと思いきや、決してそうではないですよね。僕が打っても、超が付くほどの低スピン弾道になりました。試打クラブはロフト10.5度なので打ち打し角が確保できていますが、9.5度のモデルだと球が上がりきらずにドロップしてしまいそうです。

ゴルフクラブ試打
アマチュア代表、ツルハラがヘッドスピード約46m/sで試打


奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ ツルハラさんが打っても、やっぱりよく飛んでるわ?。試打して感じたのは、キャロウェイがこの「ローグ スター ドライバー」でアピールしているやさしさは、球の上がりやすさよりも、球のバラけづらさ、なんじゃないかと思いますね。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ ”へちゃむくれ”なヘッド形状を採用しているだけあって、スイング中にヘッドがブレづらく、芯を外して打ったときの曲がりづらさも向上しています。打感もそんなに悪くないし。

奥嶋誠昭さん奥嶋プロ ”へちゃむくれ”なんて言ったら、キャロウェイに怒られますよ! でも、打ってみると性能に惚れ込んでしまうドライバーです。大型ヘッドのわりに右にスッポ抜けるような球が出なくて、ナチュラルなスイングで球をつかまえやすいです。ヘッドの据わりがよくて、スクエアに構えやすいのも好印象。なんか、どんどん好きになってきました(笑)

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ この「ローグ スター ドライバー」も、「GBB エピック スター ドライバー」と同じようにロフト選択を間違っちゃいけないですね。それと、シャフトのチョイスも慎重に。

奥嶋誠昭さん奥嶋プロ おっしゃるとおり。ストックシャフトとして40グラム台と50グラム台が用意されていますが、今回試打した「FUBUKI for CW 40」は、しなりを感じやすい軟らかめのシャフトです。しなりがスイングのミスを許容してくれるし、きちんとインパクトで戻ってくる優秀な性能ですが、ヘッドスピード43m/s以上だと物足りなく感じるはず。僕はもっとハードなシャフトにリシャフトして、このヘッド性能をいかして飛ばしたいですね。

試打した製品の情報はコチラ
キャロウェイ

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市都筑区にあるヒルトップ横浜クラブ内にある「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、弾道計測器フライトスコープ、3DモーションキャプチャーGEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。
http://www.nobby-tech.co.jp/swinggear/

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制サイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop