【明日公開】フィンランドの名匠が描く欧州を揺るがす難民問題〜映画『希望のかなた』

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
映画『希望のかなた』
©SPUTNIK OY, 2017

前作『ル・アーヴルの靴みがき』に続き、港町を舞台にしたアキ・カウリスマキ監督作。シリアの内戦を逃れてヘルシンキに流れ着いた青年カーリドは、フィンランド人男性ヴィクストロムに拾われる。

ヴィクストロムが妻を捨て、会社を辞めて全財産を注ぎこんで開店したレストランで働きながら、難民申請をし、生き別れた妹との再会を願うカーリドと、”中年の危機”の真っ只中にいるヴィクストロムの交流を、カウリスマキらしい武骨なユーモアを交えて描く。

本年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。

DATE

『希望のかなた』
監督:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネンほか
12月2日より渋谷・ユーロスペースほか全国にて順次公開



[MEN’S EX2017年12月号の記事を再構成]
文/須永貴子、神山典子 構成・文/甘利美緒

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop