柔らかくてシボありが旬!【ロエベ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
電車で、使い古した革鞄を持った定年間近と思しきビジネスマンを見かけることがあります。枯れた感じがカッコイイです。できるならああなりたいですが、それには人としての年輪も勤勉さも足りず、別のベクトルで鞄を探すことに。

で、結論がロエベのこちら。

ソフトレザーのクタッとしたブリーフは今まさに旬ですが、革の質が悪いと、この「クタッ」がうまくいかなくて「グダッ」となります。専業メーカーからブランドモノまで売り場を回りましたが、ロエベが最も雰囲気あるクタッでした。

前述の革鞄じゃスーツにしか合わないのに対し、こちらはジャケパン、ニットまで幅広く対応。


鞄はシンプルなほうが使いやすい
k_20140204_02.jpg本誌が余裕で入るB4サイズ。内側にマチのない小物用ポケットが2つあるだけのシンプルさで、上品なボルドーの内装も密かなお気に入り。


k_20140204_03.jpgマチのおかげで収納力はありますがソフト革なので入れすぎると形が崩れ不恰好に。

商品データ

昨年10月号の鞄特集でも取り上げ、売れに売れているロエベのブリーフケース「トレド」。写真のグリーンのほか、黒、ダークブラウン、ネイビー、白などがある。縦30×横41.5×マチ7cm。13万8600円(ロエベ カスタマーサービス TEL:03-6215-6116)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop