シンプルにして存在感あるダイヤルに惹かれました【ヴァシュロン・コンスタンタン】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
私ごとで恐縮ですが、先日61歳の誕生日を迎えました。その記念にと、カミさんがプレゼントしてくれたのがヴァシュロン・コンスタンタンのパトリモニー・トラディショナル。選んだのは、銀座・並木通りにある時計専門店「アワーグラス」でした。

世界の最高級ブランドが勢揃いする店内で、ヴァシュロン・コンスタンタンのショーケースには惹き付けられましたねえ。とにかく威厳がたっぷりなんですよ。僕は機械式に対するこだわりはないんですけど、風格を求めると、結果的に機械式に落ち着くというのを実感させられたなあ。

ちなみにパトリモニー・トラディショナルを選んだ決め手はシンプルなダイヤル。僕にとっての時計は、コーディネートの主役ではなく、脇役であってほしい。それも”名脇役”。つまりは出しゃばりすぎず、個性を刻み付けるといったようなね。その点でも、これは申し分なし。サイズは現代的ながら、デザインは精妙にして控えめで、僕にとって、完璧なバランスなんです。ヘビロテするのは間違いありませんね!

k_20130430_02.jpg
端正な顔立ちの時計には端正な装いを

「時計がシンプルで端正な佇まいなので、コーディネートも極力シンプルに。品の良さを意識して、僕の大好きなアズーロ エ マローネでまとめてみました」

と峰さん。さすがは番長、ミシシッピアリゲーターのストラップと相まって、風格たっぷりの装いである。ちなみに、袖口のカフリンクスはダイヤの原石をあしらったものだとか。

商品データ

“機械式時計の雄”ならではの潔さと貫録 ジュネーブ屈指の老舗、ヴァシュロン・コンスタンタン。峰さんが選んだのは、その約2世紀半の歴史が育んだ、伝統的な機能と先端技術を集約させた「パトリモニー・コレクション」だ。中でも「パトリモニー・トラディショナル・オートマティック」は、クラシカルなデザインが美しい。腕元から大人の貫録を主張できるだろう。ケースは18Kピンクゴールド製。パワーリザーブは約40時間。自動巻き。径38mm。210万円(アワーグラス銀座店 TEL:03-5537-7888) ■峰 竜太さん公式ブログ〈http://mineryuta.sblo.jp

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop