愛おしくてたまらない超名作デニム【リーバイス】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加


リーバイスの501。この名を知らない人はまずいないでしょう。

定番中の定番といえる超名作デニムですが、実は私、学生時代に1本履いてからしばらく履いていませんでした。

ですが先日ふらりとお店を覗いた際、バリバリにノリがついたままの501がふと目に留まり、久しぶりに履いてみようかな、と軽い気持ちで購入。

しかし、しばらく履くうちにどんどん愛着が深まっていき、毎日のように履く超お気に入りの一本になりました。

501の謳い文句は「シュリンク・トゥ・フィット」。

防縮加工がされていないため、洗いを重ねることでデニムが縮み、自分の脚にフィットしていくという意味ですが、最初はバキバキだったデニムがだんだんと脚の形に馴染み、生地が柔らかくなってくるころには、愛おしくてたまらない存在に。

大定番だけあって合わせる服装も選ばず、本当に毎日活躍してくれます。

最近はデニムも多様に進化し、ドレスパンツなみの美脚シルエットを備えた傑作も多数出現していますが、あらためて原点に立ち返ると、「やっぱり定番もいいものだなぁ」と、その魅力を再確認させられました。




商品データ

1万3650円(リーバイ・ストラウス ジャパン

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop