強豪ひしめくミッドSUVにルノーが参戦、新型SUV「カジャー」を試乗する

Facebook
Twitter
ルノー新型SUV「カジャー」
ルノー カジャー(インテンス)
全長4455mm、全幅1835mmというボディサイズ。全幅はややワイドだが日常シーンで不便さを感じるほどではないはず。カングーのイメージが強い日本で、ルノーが放つSUVはどう受け入れられるだろうか。

日本で売れているルノー車といえば、長いあいだカングーだった。本国では郵便車(ちなみにフランスでは黄色)に使われている、いわゆる働くクルマなのだが、適度な着座位置による目線の高さや、道具としての使い勝手のよさ、そしてフランス車独特のやさしい乗り味があって、今もルノーファンに絶大な人気を誇る。そんなわけで、ルノーのユーティリティビークルといえば、ずっとカングーだった。

ところが近年、世界的にスポーツ ユーティリティ ビークル(SUV)の人気が高まってきた。実用性が高いだけでなく、走行性能やデザインで、スポーティさを前面に出したモデルだ。実は以前から本国にはルノーのSUVはあった。しかし、日本特有のカングー人気が要因かどうかは定かではないが、正式な国内導入が遅れていた。

今年4月、ようやく日本にやってきたCセグメントのSUVがカジャーだ。このクラスの競合人気モデルといえば、VWティグワンやプジョー3008あたりになる。聞きなれない車名はローマ字でKADJARと綴るが、フランス語の「quad」(4つ)、「agile」(機敏)、「jaillir」(弾む)という3つの単語を組み合わせた造語だ。

フルレザーシートを採用する。ボリュームのある造形は、ゆったりとした座り心地でロングドライブでも疲れさせない作り。

フルレザーシートを採用する。ボリュームのある造形は、ゆったりとした座り心地でロングドライブでも疲れさせない作り。

後席も前席と同様にフルレザー仕立てのシート。着座位置がやや高めのため乗り降りが容易だ。

後席も前席と同様にフルレザー仕立てのシート。着座位置がやや高めのため乗り降りが容易だ。

フルカラーTFTパネルのメーターを採用。センタコンソールには、7インチマルチファンクションタッチスクリーンを装備する。インパネ自体のデザインはシンプルで、ルノーらしい上質な雰囲気を漂わせる。

フルカラーTFTパネルのメーターを採用。センタコンソールには、7インチマルチファンクションタッチスクリーンを装備する。インパネ自体のデザインはシンプルで、ルノーらしい上質な雰囲気を漂わせる。

ラゲッジスペースの容量は527リットルを確保。後席は分割可倒式となっており、ラゲッジ側からワンタッチでリアシートの折り畳みが可能。

ラゲッジスペースの容量は527リットルを確保。後席は分割可倒式となっており、ラゲッジ側からワンタッチでリアシートの折り畳みが可能。

ラゲッジのフロアは2枚のボードで構成されている。フロア下にも荷物を収納できるほか、大きさや種類などに応じて、フレキシブルに対応できる。

ラゲッジのフロアは2枚のボードで構成されている。フロア下にも荷物を収納できるほか、大きさや種類などに応じて、フレキシブルに対応できる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Mar. VOL.309

3

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop