「リラックスしながら着映えする」紺ブレ選びの条件とは?

Facebook
Twitter

トラッド回帰の中、再燃した紺ブレ人気。英国に端を発する、いわば正統なアイテムとあって、コンサバ派には理想的だ。しかし、こなれや抜けといった要素が求められる今に、芯地が入った構築的な作りはそぐわない。そんな時代性は、ブレザーの名門ブルックスブラザーズが伸縮性のあるピケ素材を用いていることからも明らかだ。とはいえ、メタルボタンの存在はあくまでトラッドにふさわしく、抜け感が効きすぎない。肩肘張らずも、着姿が映えるのだ。

BROOKS BROTHERS / ブルックス ブラザーズ
王道紺×グレーコーデにJKの素材感で軽さを出す

BROOKS BROTHERS
ジャケット6万4000円(ブルックス ブラザーズ ジャパン) シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ) タイ1万6000円/ステファノ ビジ(バインド ピーアール) パンツ3万2000円/ベルウィッチ(バーニーズ ニューヨーク) 靴17万5000円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 時計75万5000円/IWC(IWC)


柔らかくもスタイリッシュ名門が作る現実的ブレザー

BROOKS BROTHERS

イタリアのジャージー素材の名手、ドンディ社製コットンピケを採用。優れた伸縮性と通気性がありつつも、細身なミラノフィットにより着姿はあくまでコンサバに。着崩した印象をことさら主張することなく、無地シャツにグレスラという正統派なビジネスコーデにも馴染む。


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop