ビームスの洒落者たちに学ぶ!「ネイビー&ブルー」の旬な着こなし実例30選

Facebook
Twitter
ビームスF 40周年パーティ

11/22に行われたビームスF 40周年パーティでは、「ネイビー&ブルー」をドレスコートとしてビームスの主要人物が大集結。男の基本色を、ウェルドレッサーたちはどう活用してドレスアップしたのか。その実勢例を一挙公開!

代表取締役社長・設楽 洋さん

設楽 洋さん

1976年にわずか6坪のショップからスタートし、今や世界に誇る「ビームス」を築き上げたカリスマ。普段は遊び心のある服装も好むが、当日はホスト役ということで主張を抑えたドレスアップスタイルに。チェンジポケット付きのグレンチェックスーツをベースに、シャツ&ネクタイでドレスコードの「ネイビー&ブルー」を取り入れた。旬のブリティッシュテイストを基調にしつつ、ボリュームのあるシングルモンク靴や柔和なラウンドカラーシャツなど、朗らかな人柄に相応しいチャーミングなアイテムもプラスしている。

クリエイティブディレクター・中村達也さん

中村達也さん

入社3年目の1988年に自ら志願してビームスFに異動し、30年間にもわたってドレスクロージングの発展に尽力してきた功労者。ビームスFの5代目店長でもあり、今でも頻繁に店頭を訪れて"現場"の動向をチェックしている。ワイドピッチのストライプスーツにタブカラーのクレリックシャツ、リーフ柄のヴィンテージ調ネクタイと、旬のキーワードが凝縮されたスタイルだ。色数を絞り込んでいるため、柄×柄の合わせも派手に見えず大変エレガントにまとめられている。

ドレス部 統括ディレクター・吉田周平さん

吉田周平さん

現在はメンズ&ウィメンズのドレス部門を仕切るディレクターで、ビームスFチーフバイヤーを長年務めた吉田さん。常に控えめに徹した品のいいコーディネートが好評だが、この日もグレー地にうっすらと入ったウインドウペーンスーツをベースにしたクリーンな着こなしがエレガントだ。清潔感ある白無地のシャツに合わせたネクタイは、若干明るめのネイビー。大人らしく、かつ若々しさもあるスーツスタイルの好例だ。

ビームスF ディレクター・西口修平さん

西口修平さん

インスタグラムのフォロワーは8万人超。ピッティを訪れれば世界中のフォトグラファーが先を争って西口さんをスナップする、日本を代表するウェルドレッサーの一人だ。サルトリアテイストのベルトレスパンツにメタルボタンの紺ジャケ、そしてバサッと無造作に首から提げたスカーフが印象的だ。リラックスしたノータイスタイルだが、小物使いと全体の色合わせでここまでドレスアップ感を表現できる手腕はさすがの一言。ちなみに足元はタッセルローファーではなく、室内靴を由来とするベルジャンシューズ。英国「ボードイン&ランジ」のもので、これから大流行しそうな注目ブランドだ。

ブリッラ ペル イル グスト バイヤー・高田朋佳さん

高田朋佳さん

こちらもビームスが誇るスターとしてお馴染み。西口さんとツートップで活躍し、世界的に注目されるスーパーウェルドレッサーだ。グレーのベルトレスパンツやネイビーブレザー、ブラックのニットなど、西口さんと共通項が多いコーディネート。だがパンツのシルエットは若干テーパードが緩やかで、丈も短め。そこにゴールドの刺繍が入ったルームシューズを合わせるなど、高田さんらしい工夫が随所に凝らされている。トラディショナルな定番アイテムをシンプルにコーディネートしつつ、細部のアップデートでモダンに見せるテクニックは是非とも見習いたいところ。

まだまだ公開! ビームスを牽引するディレクター&バイヤーの着こなし

<strong>メンズドレス部 ディレクター・宗 次郎さん</strong><br />ネイビー、グレー、白、黒とストイックにまとめたコーディネートに、ボタンと靴のゴールドが華やぎを添えている。自然な襟のロール感も美しい。

メンズドレス部 ディレクター・宗 次郎さん
ネイビー、グレー、白、黒とストイックにまとめたコーディネートに、ボタンと靴のゴールドが華やぎを添えている。自然な襟のロール感も美しい。

<strong>ブリッラ ペル イル グスト ディレクター・無藤和彦さん</strong><br />ワイドピッチのストライプジャケットに、あえてパーカを合わせてドレスダウン。パンツもホワイトをチョイスして、軽快な印象にまとめている。

ブリッラ ペル イル グスト ディレクター・無藤和彦さん
ワイドピッチのストライプジャケットに、あえてパーカを合わせてドレスダウン。パンツもホワイトをチョイスして、軽快な印象にまとめている。

<strong>ビームスF アシスタントバイヤー・芹沢良輔さん</strong><br />西口さんとともにビームスF部門のバイイングを担当。シャンブレーのシャツや若干ワイドなシルエットのパンツなど、リラックス感のあるアイテムを巧みに取り入れている。

ビームスF アシスタントバイヤー・芹沢良輔さん
西口さんとともにビームスF部門のバイイングを担当。シャンブレーのシャツや若干ワイドなシルエットのパンツなど、リラックス感のあるアイテムを巧みに取り入れている。

<strong> インターナショナルギャラリー ビームス メンズディレクター・服部 隆さん</strong><br />モードブランドも扱うインターナショナルギャラリー ビームスの担当だけあり、エッジの効いたアイテム選びが刺激的。足袋のようにトウが分かれたブーツはメゾン マルジェラのもの。

インターナショナルギャラリー ビームス メンズディレクター・服部 隆さん
モードブランドも扱うインターナショナルギャラリー ビームスの担当だけあり、エッジの効いたアイテム選びが刺激的。足袋のようにトウが分かれたブーツはメゾン マルジェラのもの。

<strong>ビームスFスタッフ 具志堅政頼</strong>さん<br />スーツと同系色のカーディガンを挿して3ピース的な着こなしに。青×白のストライプ柄クレリックシャツにドットタイという、清潔感と若々しさにあふれたコーディネートだ。

ビームスFスタッフ 具志堅政頼さん
スーツと同系色のカーディガンを挿して3ピース的な着こなしに。青×白のストライプ柄クレリックシャツにドットタイという、清潔感と若々しさにあふれたコーディネートだ。

<strong>ビームスFスタッフ 小沢裕介</strong>さん<br />「段落ち」と呼ばれる太幅ストライプのネクタイをポイントにした装い。パンツは腰回りにゆとりのあるシルエットを選び、今どきな雰囲気を演出している。

ビームスFスタッフ 小沢裕介さん
「段落ち」と呼ばれる太幅ストライプのネクタイをポイントにした装い。パンツは腰回りにゆとりのあるシルエットを選び、今どきな雰囲気を演出している。

<strong>ビームス 銀座 ショップマネージャー・高橋●●</strong>さん<br />フェアアイルセーターとブラウンスエードのチャッカブーツで英国カントリーなテイストを加味。程よく力の抜けた雰囲気が洒脱だ。

ビームス 銀座 ショップマネージャー・高橋●●さん
フェアアイルセーターとブラウンスエードのチャッカブーツで英国カントリーなテイストを加味。程よく力の抜けた雰囲気が洒脱だ。

<strong>ビームスF ディストリビューター・町田 務</strong>さん<br />スティレ ラティーノのダブルブレザーに細身のデニム、靴はフランスのソロヴィエールと、多国籍なアイテムをミックス。やや長めに結んだネクタイや短くロールアップしたパンツの裾など、個性的なバランス感覚も光る。

ビームスF ディストリビューター・町田 務さん
スティレ ラティーノのダブルブレザーに細身のデニム、靴はフランスのソロヴィエールと、多国籍なアイテムをミックス。やや長めに結んだネクタイや短くロールアップしたパンツの裾など、個性的なバランス感覚も光る。

<strong>ヴィジュアルマーチャンダイザー・大島拓身</strong>さん<br />ワイドストレートなシルエットのグレーパンツが印象的な着こなし。ジャケットはタータンチェック柄だが、落ち着いたトーンを選んでシックに見せている。

ヴィジュアルマーチャンダイザー・大島拓身さん
ワイドストレートなシルエットのグレーパンツが印象的な着こなし。ジャケットはタータンチェック柄だが、落ち着いたトーンを選んでシックに見せている。

<strong>スーパーバイザー・津田 敬</strong>さん<br />グレイッシュなネイビースーツにタートルネックニットといういたってシンプルな合わせだが、完璧なサイズ感で非常に洗練された装いに。控えめに効かせた柄チーフも◎。

スーパーバイザー・津田 敬さん
グレイッシュなネイビースーツにタートルネックニットといういたってシンプルな合わせだが、完璧なサイズ感で非常に洗練された装いに。控えめに効かせた柄チーフも◎。

<strong>スーパーバイザー・高原生磨</strong>さん<br />同系色ウインドウペーン柄のシックなダブルスーツと、鮮やかなパープルのネクタイが好対照。タブカラーのクレリックシャツで胸元をキリッと引き締めているのもいい。

スーパーバイザー・高原生磨さん
同系色ウインドウペーン柄のシックなダブルスーツと、鮮やかなパープルのネクタイが好対照。タブカラーのクレリックシャツで胸元をキリッと引き締めているのもいい。

<strong>メンズドレス部 Eコマース担当・長友隆幸</strong>さん<br />ダブルのチェックジャケットをあえてボタンを外して羽織り、程よくリラックスして着こなした長友さん。やや短めに上げたパンツの裾から覗くグリーンのソックスもアクセント。

メンズドレス部 Eコマース担当・長友隆幸さん
ダブルのチェックジャケットをあえてボタンを外して羽織り、程よくリラックスして着こなした長友さん。やや短めに上げたパンツの裾から覗くグリーンのソックスもアクセント。

<strong>店舗販促部・武田和巳</strong>さん<br />クラシカルなスリーピースを、あえてノータイでコーディネート。首元にはアスコットタイのような巻き方でスカーフを覗かせ、パーティに相応しいエレガンスを加えている。

店舗販促部・武田和巳さん
クラシカルなスリーピースを、あえてノータイでコーディネート。首元にはアスコットタイのような巻き方でスカーフを覗かせ、パーティに相応しいエレガンスを加えている。

<strong>人材開発部・原田賢太郎</strong>さん<br />ブラウンスーツとネイビータイでイタリアの定番的色合わせ「アズーロ・エ・マロ―ネ」を実践しつつ、赤ストライプのタブカラーシャツでブリティッシュテイストもプラスしている。

人材開発部・原田賢太郎さん
ブラウンスーツとネイビータイでイタリアの定番的色合わせ「アズーロ・エ・マロ―ネ」を実践しつつ、赤ストライプのタブカラーシャツでブリティッシュテイストもプラスしている。

<strong>プレス・安武俊宏</strong>さん<br />8ボタンのダブルブレストスーツに合わせたのは、襟がボタン留めのハイネックになったバグッタのシャツ。シンプルだが印象的なアイテム選び&合わせにセンスを感じる着こなしだ。

プレス・安武俊宏さん
8ボタンのダブルブレストスーツに合わせたのは、襟がボタン留めのハイネックになったバグッタのシャツ。シンプルだが印象的なアイテム選び&合わせにセンスを感じる着こなしだ。

<strong>プレス・小林順平さん</strong><br />ノーカラーのブレザーにフレアデニムという上級アイテムをサラリと着こなしているのが見事。足元に合わせたルームシューズは、これから人気再燃しそうな注目アイテムだ。

プレス・小林順平さん
ノーカラーのブレザーにフレアデニムという上級アイテムをサラリと着こなしているのが見事。足元に合わせたルームシューズは、これから人気再燃しそうな注目アイテムだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.306月号

2019

VOL.306

11

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop