「ダウン=モコモコ」に常識を覆す、「シンダウン」って知ってますか?

Facebook
Twitter

保温力にかけて右に出るモノがない素材、それがダウンだ。そのダウンを充填したアウターは防寒着の王道であり、暖かいのは当たり前。それだけに、用途別の+〇〇を重視して選ぶのが大人の賢い選択と言えよう。

+スマートさ
「ダウン=モコモコ」の常識を覆した"シンダウン"

羽毛が偏らないから、デザインが自由自在

モコモコしてて、某タイヤメーカーのマスコットみたい......。そんなダウンアウターの既成概念を覆すのが、「シンダウン」と呼ばれる最新素材。こちらは、ダウンをシート状に加工することで、内部での偏りや噴き出しを抑えつつ、薄手ながら高い保温性を実現したものだ。またさまざまな形状にカットできるため、スマートなデザインにも対応する。暖かさを求めつつも見た目&シルエットを重視するならシンダウン。これが今後の新常識になる。

これがシンダウン

シンダウン

伊NIPI社が世界で初めて開発したシート状のダウン。日本には2年前に初上陸。


ESTNATION / エストネーション

エストネーション
ダウンコート5万6000円/エストネーション(エストネーション) ニット3万9000円/ヘリテージ(カヴァレリア) パンツ3万2000円/ハケットロンドン(ハケット ロンドン 銀座) 靴8万円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)


話題のシンダウンを採用したステンカラーコート。そのため羽毛の偏りを防ぐステッチを省略できるので、ご覧の通りすっきりとしたデザインに。化繊の中綿と違い、薄い質感でも確かな保温力だ。5万6000円(エストネーション)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop