長時間着ても「着疲れしない」ストレッチ素材スーツ、イチオシ4着はコチラ!

Facebook
Twitter

ハードワークを澄まし顔に変える縁の下のストレッチ

自分の快適さが結果的に相手に不快感を与えない

自身が放つエネルギッシュさや余裕も、コミュニケーションで好感を得る際の大切な要素。せっかく失礼がないよう身嗜みを整えたにもかかわらず、"着疲れ"して疲労が顔に出てしまっては本末転倒だ。常に万全な状態に保ってくれる「着楽さ」は相手をネガティブな気持ちにさせないための心構えにも繋がるのだ。

例えば、クルマでの外回りや出張での取引先との面会。スーツを着た移動に疲れてしまっては、表情もやつれてしまい、相手に不安感を与えてしまう恐れも。仕事を任せられるという安心感を得るには、まず自分が人前に立てる状態を整えることが大事だ。苦労している顔を見せない、そんなビジネスエチケットにも気を配りたい。

そこで、終日着ても疲れにくいストレッチ素材のスーツなら、相手とも快活に膝を突き合わせられる。長時間の移動や座り仕事の後も凛とした姿で、相手にネガティブな印象を与えない。着楽な機能でベストな自分を保つことで相手との豊かなコミュニケーションを生む。それが、ビジネスでの良縁を支えてくれるのだ。



裏地まで伸びハードな移動もストレスフリー
DESIGN WORKS / デザインワークス

DESIGN WORKS
ジャケット4万9000円、パンツ2万6000円(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)ポロシャツ2万7000円/グランサッソ(エスディーアイ) チーフ1万3000円/ドレイクス(ドレイクス 銀座店) 鞄7万9000円/フェリージ(ビームス ハウス 丸の内) 靴9万5000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)

背中も!

背中も!

膝も!

膝も!

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop