新色も追加されたホンダ「モンキー125」を田舎道からサーキットまで乗り回してみた!

Facebook
Twitter
「モンキー125」を試乗

初期型の発売から50周年の節目に当たる2017年に惜しまれつつも生産を終了したホンダの「モンキー」。だが、翌2018年には排気量を従来の50ccから125ccにアップし、車体サイズも大きくなった「モンキー125」が発売された。サイズアップしても50ccの頃のイメージを継承したデザインで人気を博しており、このほど新色の追加も発表された。そんな「モンキー125」を街中から田舎道、サーキットまで乗り回し、その魅力を体感してきたので、実走レビューをお伝えしよう。

カスタムの必要がない完成度の車体

新しくなった「モンキー125」の特徴は、排気量と車体が大きくなったこと。125cc化されたことで車両の区分は原付一種から原付二種に。クルマの免許だけでは運転できなくなったが、逆に原付一種だけに課せられる30km/hの制限速度や交差点での2段階右折は必要ないので、バイクの免許を持っている人はより自由に走り回ることが可能になった。また、大きくなっても、どこから見ても「モンキー」とわかる愛らしいスタイルはそのままなので、古くからのファンも安心してほしい。

「モンキー125」

車体はただ単に大きくなったのではなく、各部の装備も充実している。ホイールは従来の8インチから12インチとなり、前後ブレーキはディスクに。フロントフォークも倒立式となりサスペンション性能もアップ。ライト類は全てLEDとなり、メーターも速度計と回転計が一体となったデジタルメーターを装備している。

「モンキー125」のディテールをチェック(写真4枚)

エンジンは排気量が約2.5倍となり最高出力も3.5PSから9.4PSに大幅アップ

エンジンは排気量が約2.5倍となり最高出力も3.5PSから9.4PSに大幅アップ

ハイパワー化されたのに合わせてブレーキも前後ディスク化され安心感が向上している

ハイパワー化されたのに合わせてブレーキも前後ディスク化され安心感が向上している

フロントフォークは剛性の高い倒立式となり、走りの性能もさらに磨きがかけられた

フロントフォークは剛性の高い倒立式となり、走りの性能もさらに磨きがかけられた

リアサスペンションは従来と変わらず2本タイプでスタイルの変化は少ない

リアサスペンションは従来と変わらず2本タイプでスタイルの変化は少ない

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop